日御碕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日御碕(ひのみさき)は、島根県出雲市大社町日御碕に位置し、島根半島のほぼ西端で日本海に面する北緯35度26分06秒東経132度37分44秒大山隠岐国立公園に含まれる。

日御碕
日御碕
日御碕
日御碕の柱状節理
出雲日御碕燈台
経島(ふみしま)
日御碕漁港

地理[編集]

流紋岩から構成される山が沈降して海に浸かり、波に侵食された後にわずかに隆起し「海食台」と呼ばれる地形が形成された。

周辺には柱状節理洞穴が見られ、海上には小島や岩礁が点在する。

海底にはサドガセとボングイと呼ばれる岩があり、人工的に彫られた階段や参道、祭祀跡が確認されている。これは沖縄県南城市にある世界遺産斎場御嶽に似ているといわれ天照大神の神話によく似た神話が斎場御嶽に伝わっている。[1]岬上には1903年明治36年)初点灯の出雲日御碕燈台が立つ。海抜63m、光達21海里で、灯塔は43.65mと石作りの灯台としては日本一の高さを誇り、また白亜の姿が美しい。参観灯台なので見学も可能である。

日御碕駐車場近くには商店街があり、いか焼き、ソフトクリームなどの飲食店や土産店がある。季節にもよるが、「天日干し」のカレイノドグロなどの干物も売っている。

「日御碕の大ソテツ」及び南方に浮かぶ経島の「経島ウミネコ繁殖地」は、国の天然記念物

施設・観光[編集]

交通[編集]

  • JR出雲市駅から一畑バスで45分(運賃は大人840円)
  • 出雲大社から一畑バスで20分(運賃は大人490円)
    • 終点から商店街、灯台までは徒歩
  • 国道431号
  • 島根県道29号大社日御碕線:出雲大社(出雲市大社町杵築東)と日御碕を結ぶ海沿いの道。 冬は、海が時化る(しける)と「潮被り」の道となり、安全に冬の日本海を体感できるコースとなっている。晴れると、出雲神話の舞台である、稲佐の浜や三瓶山が見渡せる。カーブが非常に多く急峻な場所も目立つ。トンネル等の付け替えにより路線改良は行われているが、現在でも時折、荒天等を原因とする法面等の崩落が起こりやすく、その度に交通規制が発生する場合があるので、走行には十分に注意されたい。

周辺情報[編集]

  • 出雲大社
  • 奉納山公園
  • 伊那西波岐神社
  • 稲佐の浜
  • 手錢記念館
  • 出雲文化伝承館
  • 因佐神社
  • 命主社

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日御碕海底遺跡調査

外部リンク[編集]