惑星直列

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

惑星直列(わくせいちょくれつ)は太陽系内の惑星太陽に向かってほぼ一直線に並ぶ現象。

定義[編集]

名称からすると惑星が日食月食のように完全に一直線に並ぶような印象を受ける。もし惑星が2つだけならば、太陽に対して完全に一直線に並ぶ点は、その軌道上に2箇所存在する。しかし、3個以上の惑星が完全に一直線に並ぶことは確率的にほとんどあり得ない。これらに相当する現象として日面通過掩蔽があるが、これらを指して『惑星直列』と呼ぶことはない。

実際はそこまで厳密なものではなく、多くの惑星が地球から見てほぼ同時期に、外惑星内惑星内合の付近に位置する状態を一般に『惑星直列』と呼ぶ。ただし、何個以上の惑星について言うか、何日以内の誤差ならば「ほぼ同時期」とするかなど、その許容範囲の定義は存在しない。

1982年に起きた例では、太陽から見て 90度ほどの扇形範囲に全惑星が集まっていたもので、この程度の並びを「直列」と呼べるかどうかからして、はなはだ疑問である。外惑星が、内惑星が外合の付近に位置しても形の上では「直列」していることになるが、この場合、地球からは外惑星・内惑星にかかわらず当該惑星は観られない。この状態でも惑星直列に含められるかは議論の余地がある。

作花一志によれば、ユリウス暦1503年12月14日(グレゴリオ暦値1503年12月24日)[1]に当時知られていた水星・金星・火星・木星・土星及び地球と太陽が過去6000年間でもっとも直列に近い形に並ぶ現象(外惑星が全て衝・内惑星がほぼ内合)が発生しているが、天動説が信じられていた当時においてこの現象自体が理解されていたか疑問[2]とする[3]

惑星直列の意義[編集]

『惑星直列』はそもそも天文学用語ではなく、科学的な意義はない。ただ、複数の明るい惑星が同時に観測好期を迎えることになるので、視覚的に目を引く現象ではある。また、探査ロケットを複数の惑星に効率良く接近させるのに理想的な状況であり、NASAボイジャー計画は惑星直列を利用したものであったと言える。

惑星が一直線に並ぶと多くの惑星の総合された重力が太陽に異変を起こし、地球にもその影響が及ぶとの主張があり、オカルト雑誌などで取り上げられることがある。しかし地球科学の立場からは、惑星直列による重力の変化は、太陽による潮汐の何十万分の一以下であるため、問題にならないとされる[4]

計算による惑星直列の表[編集]

水星から海王星までの8個の惑星が太陽を中心にする90度の扇型の中に集まったと考えられる時期の計算値である[5]

西暦 開始 終了 期間 最小の扇型の角
0989年 05月13日 06月18日 37日間 75.8度
1126年 05月08日 05月24日 17日間 86.6度
1128年 04月07日 05月19日 43日間 39.0度
1130年 03月23日 04月07日 16日間 81.6度
1166年 08月29日 09月21日 24日間 73.1度
1307年 03月27日 05月17日 52日間 47.1度
1666年 09月15日 10月03日 20日間 85.1度
1817年 06月05日 06月22日 18日間 83.9度
1982年 03月10日 03月10日 01日間 96度
2161年 05月01日 06月03日 34日間 68.7度

惑星直列を扱った作品[編集]

視覚的に注意を引きやすく、何らかの意味を付与しやすいことから、SF作品等の舞台設定として扱われることがある。

John Gribbin, Stephen Plageman(1974)The Jupiter Effect: The Planets As Triggers of Devastating Earthquakes
  • 2012 (映画):太陽活動活発化の理由づけにされている。

惑星直列時出生の著名人[編集]

  • 小山田真:日本のハリウッド俳優・プロデューサー(1982年3月10日生)

脚注[編集]

  1. ^ ちなみに、この日は予言者として知られるノストラダムスの誕生日であるが、天動説を元にしていた当時の観念では「惑星直列」とは認識されていなかった。
  2. ^ 天動説の観点からすれば、太陽・水星(いて座)・金星(やぎ座)と火星・木星・土星(ふたご座)がそれぞれ別の場所に集合しているようにしか見えない。
  3. ^ 作花一志『天変の解読者たち』恒生社厚生閣、2013年、 ISBN 978-4-7699-1466-2 pp.84-98
  4. ^ 島村英紀 【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】「惑星直列」で天変地異起こる? 予言者たちが“凶事の前兆” (2/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK
  5. ^ 山田博 『星の発見・探検物語』 黎明書房

関連項目[編集]