川口強盗強姦殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

川口強盗強姦殺人事件(かわぐちごうとうごうかんさつじんじけん)とは、2007年10月30日埼玉県川口市で起こった強姦・強盗殺人事件。

事件[編集]

概要[編集]

2007年10月30日、川口市柳崎のアパート2階で、会社員女性(当時26歳)が川口市源左衛門新田の自称配管工の男(当時39歳)に強姦された上で殺され、現金8000円とキャッシュカード3枚、運転免許証を奪われた。11月1日、女性の無断欠勤が続くことを心配した会社の同僚が訪ねてきたことから事件が発覚。警察は、女性が殺害される前後に女性のキャッシュカードから現金を引き出そうとしている男の姿がカメラに映っていたことから捜査を進め、犯人の男は強盗殺人や住居不法侵入などの容疑で逮捕された。また当初は本事件の3か月前に本事件現場と同じアパートの別の部屋で起きた強盗事件での逮捕であった[1]

犯人の異常性[編集]

男は女性のキャッシュカードから現金を引き出そうとした際、被害女性のセーターやマフラーを着用しており、自らの正体を隠そうとしていたというより、むしろ目立たそうとしていたところがある。また女性の部屋にベランダから侵入したが、女性がすぐに帰宅したため、女性をカッターナイフで脅して「殺すぞ」と脅した上、衣類で目隠しし、タオルで口をふさぎ、電気コードで両手を縛り上げて強姦した。さらに暗証番号を聞きだして金を引き出そうとしたが、その暗証番号が違っていたことから逆上して部屋に戻り、女性を「何発かわからないほどボコボコに殴られ、身体中に青あざがあった」(捜査関係者の証言)ほどまでに暴行した後、首を絞めて殺害した。

男は本事件の10年前に東京都歌舞伎町のキャバクラ店に押し入り強盗事件を起こし、その後、本事件やその3か月前に起こした強盗事件で逮捕されるまでの2年間に5件の強姦・強盗事件を起こしている。

犯人について[編集]

男は熊本出身で、同級生と結婚してパチンコ店で働いていた。障害を持っている息子がおり、その子を毎日だっこするほど子煩悩だったという。事件の数年前にはトラック運転手をしていたが、両親がギャンブルから多額の借金を抱えて無理心中し、その借金を男が引き継いだことから人生が暗転。仕事場に借金取りの電話がかかって退職。妻とは偽装離婚。自らは100万円に上る借金。国民保険の未払いも400万円に上っていた。このため、「生活苦から金を奪う目的で被害者女性に目をつけた」(犯人供述)として凶行を起こした。

解決への糸口[編集]

犯人逮捕への糸口は、男自らが目立ちやすい格好で現金引き出しに訪れていたほか、衣類で被害者を拘束する手口など、犯人の特定が容易な行動が多かったためという。このため、男はすぐに捜査線上に浮上し、最後は見当たり捜査により逮捕された。 

裁判[編集]

男は強盗殺人や強姦罪などで起訴され、2008年11月12日に無期懲役が確定した[2]

参考文献[編集]

  • 『実録戦後タブー犯罪史』

脚注[編集]

  1. ^ 別の強盗事件で男を逮捕 埼玉・川口の女性殺害事件 47NEWS 2007年12月4日
  2. ^ 女性会社員殺害で無期懲役 配管工の男にさいたま地裁 47NEWS 2008年11月12日