岡本豊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岡本 豊彦(おかもと とよひこ、安永2年7月8日1773年8月25日) - 弘化2年7月11日1845年8月13日))は、江戸時代後期の日本画家。は豊彦、は子彦、は葒村、丹岳、鯉嶠や澄神、通称は主馬。

「岡本豊彦」肖像(塩川文麟筆)

略歴[編集]

生い立ち[編集]

安永2年7月8日(1773年8月25日)、備中国窪屋郡水江村(現在の岡山県倉敷市水江)にある裕福な「酒屋」岡本清左衛門行義の庶子として生まれる。しかし、実際に豊彦が生まれたのは、水江の岡本家ではなく、倉敷の向市場町にあった教善寺という真宗の寺であったといわれる。母が隣の中島村から岡本家に女中奉公に来た時に豊彦は生まれ、庶子故に母の実家で少年時代を送った。

幼い頃より、黒田綾山白神皞々(鯉山)と共に師事し、絵を習っていた。寛政3年(1791年)、豊彦19歳の頃に黒田綾山の師である福原五岳の門に入る。寛政9年(1797年)豊彦25歳の時に、父清左衛門の死をきっかけに、一家を挙げて京都へ上洛することとなり、西阿知遍照院の住職、大圓和尚の世話で、当時高名であった松村呉春門下に入る。

呉春門下時代[編集]

豊彦は呉春門下で研鑽を積み(呉春の作品はすべて模写したと伝えられる)、実質的に四条派を作り上げることになる。呉春が与謝蕪村から学んだ俳諧的文芸や南画的文学と、円山応挙から学んだ写生画風を一緒にした、親しみやすく情趣的な画風を豊彦も受け継ぎ、呉春門下筆頭に挙げられ、京洛のうちでは「花鳥は景文(松村景文)、山水は豊彦」と謳われるほどの画家に成長を遂げた。また、人物・花鳥も巧みに処理し、広い画域を誇った。その名声は当時、京都で有名であった岸駒に拮抗するほどであったという。

また、30歳になるやならずやの若年の頃、江戸きっての高名な画家谷文晁、国文学者であり歌人である橘千蔭、狂歌界の泰斗で旗本武士の蜀山人こと大田南畝、六樹園こと石川雅望(宿屋飯盛)、京都では重鎮画家の岸駒、加茂社家の正四位下安房守の加茂季鷹、従五位下肥後守の歌人香川景樹らと同席を許され、一筆染めることまで出来たという。それも、有栖川宮家と親交があったことによることかと思われる。またそのためか、宮中のご用を承るようになり、現在でも修学院離宮などに作品が残っている。

教育者としての豊彦[編集]

呉春の没後、豊彦は「澄神社」という画塾を開き、多くの弟子を育成した。その中には、塩川文麟柴田是真田中日華、養子である岡本亮彦などがいる。

また、同門には松村景文柴田義董小田海僊などがいる。

家庭環境[編集]

家庭的には恵まれなかったようで、比較的晩婚であったと思われる豊彦は、53歳の時、文政8年(1825年10月21日に正妻佐々井美穂に先立たれた。それから、継室として太田君を迎えたものの、彼女もまた天保3年(1832年12月3日に26歳の若さでこの世を去っている。このとき豊彦は60歳であった。まもなくして、洛西西野木原から木村多美を迎えて三室とした。彼女との間に男児1人・女児5人をもうけるが、1人として生長しなかった。そこで、尾張国知多郡半田村の小栗伯圭(通称:半七)の4男の亮彦を養子として迎えた。

[編集]

弘化2年7月11日(1845年8月13日)に73歳で、大和旅行中に病没した。岡本家の過去帳によると戒名は「龍鱗院梥月常光居士」となっている。

[編集]

豊彦の墓は、豊彦の死後17年経った後、門下生たちの集まりである澄神社塾が六波羅蜜寺に建てた。また、墓碑文を一時豊彦にも師事したことがある羽倉信(羽倉可亭)が書いている。

戦後、豊彦の墓は痛みが激しくなって建て直すことになり、古い墓は倉敷市の文化財として、昭和59年(1984年)倉敷市の教善寺に移築されることになった。

代表作[編集]

参考文献[編集]

  • 脇田秀太郎著「岡本豊彦傳の研究」(國華675号)
  • 脇田秀太郎著「流域の画家」(高梁川6号)
  • 北野正男著「倉敷市水江出身の画家 岡本豊彦のことども」(高梁川17号)
  • 守安収著「人物風土記 岡山の画人 岡本豊彦」(グラフおかやま)
  • 安原秀魁著「岡本豊彦について」(岡山春秋)
  • 安原秀魁著「画人 岡本豊彦」(倉子城2~5号)

外部リンク[編集]