山ノ上碑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山ノ上碑 拓本

山ノ上碑(やまのうえのひ)は、群馬県高崎市山名町にある古碑であり、国の特別史跡に指定されている。金井沢碑多胡碑とともに「上野三碑」[1]と称される。本項では、山ノ上碑に隣接する山ノ上古墳についても記載する。

概要[編集]

「辛已歳」は天武天皇10年(681年)建碑と考えられており、上野三碑の中で一番古い。

高さ120センチメートル、幅50センチメートル、厚さ50センチメートルの輝石安山岩に4行53文字が薬研彫りで刻まれている。書体は古い隷書体の特徴が見られる。

山ノ上碑は墓誌であり、隣接する山ノ上古墳(下記参照)の墓誌であると考えられている。その内容から放光寺の僧侶・長利(ちょうり)が母の黒売刀自(くろめとじ)のために墓を建てたことがわかる。墓誌としても日本最古である。「放光寺」は佐野の地にあると考えられてきたが、最近の発掘調査により、前橋市山王廃寺の可能性が高くなった[2]

刻まれている文のほとんどが、長利母子の系譜を述べており、古系譜の史料としても貴重である。

山ノ上碑に刻まれている「佐野三家」は金井沢碑の「三家」(ミヤケ、屯倉)であると考えられてきた。しかし、周辺の発掘調査により、史料上知られていないミヤケの存在が確実視されてきたため、「佐野三家」と「三家」は同一でないという可能性も出てきた。

1921年(大正10年)3月3日、国の史跡に指定され、1954年昭和29年)には、「山上碑および古墳」の名称で国の特別史跡に指定された。

山ノ上古墳[編集]

山ノ上碑の東側にある、直径15m程の典型的な山寄せの円墳である。埴輪葺石は確認されておらず、古墳としては終末期古墳に属するものとみられる。

主体部は凝灰岩の切石積み横穴式石室で、南に開口している。全長7.4メートル・玄室長2.68メートル・幅1.75メートル・高さ1.66メートル。

前述の通り、山ノ上碑は本古墳の墓誌と考えられるが、石室の形態などから古墳の築造時期は石碑の建てられた681年より数十年古い年代が想定されている。そのため現在では山ノ上古墳は黒売刀自の父の墓として造られ、その後、黒売刀自が追葬されたものと考えられている[3]

参考画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「上毛三碑」とも。
  2. ^ 山王廃寺の調査で、「放光寺」とヘラで書かれた瓦が発見されたことによる。
  3. ^ 大塚初重小林三郎・熊野正也編「日本古墳大辞典」東京堂出版1989年、593頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度16分37.5秒 東経139度1分40.0秒 / 北緯36.277083度 東経139.027778度 / 36.277083; 139.027778