多胡碑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
多胡碑 拓本

多胡碑(たごひ)は、群馬県高崎市吉井町池字御門にある古碑(金石文)であり、国の特別史跡に指定されている。山ノ上碑金井沢碑とともに「上野三碑[1]と総称される。また、書道史の上から、那須国造碑多賀城碑と並ぶ日本三大古碑の一つとされる。建碑は、その内容から8世紀後半とされる。

概要[編集]

碑身、笠石、台石からなり、材質は安山岩、碑身は高さ125センチメートル、幅60センチメートルの角柱で6行80文字の楷書が丸底彫り(薬研彫りとされてきたが、近年丸底彫りであることが判明した)で刻まれている。笠石は高さ25センチメートル、軒幅88センチメートルの方形造りである。台石には「國」の字が刻まれていると言われるが、コンクリートにより補修されているため、現在確認できない。材質は近隣で産出される牛伏砂岩であり、地元では天引石、多胡石と呼ばれている。

碑文[編集]

弁官符上野國片罡郡緑野郡甘

良郡并三郡内三百戸郡成給羊

成多胡郡和銅四年三月九日甲寅

宣左中弁正五位下多治比真人

太政官二品穂積親王左太臣正二

石上尊右太臣正二位藤原尊

現代語訳[編集]

弁官局からの命令である。上野国の片岡郡・緑野郡・甘良郡の三郡の中から三百戸を分けて新しい郡を作り、羊に支配を任せる。郡の名前は多胡郡とせよ。これは和銅4年3月9日甲寅に宣べられた。左中弁・正五位下多治比真人。

太政官・二品穂積親王、左太臣・正二位石上尊、右太臣・正二位藤原尊。

解釈[編集]

この碑文は、和銅4年3月9日711年)に多胡郡が設置された[2]際の、諸国を管轄した事務局である弁官局からの命令を記述した内容となっている。多胡郡設置の記念碑とされるが、その一部解釈については、未だに意見が分かれている。

特に「給羊」の字は古くから注目され、その「羊」の字は方角説、人名説など長い間論争されてきた。現在では人名説が有力とされている。また人名説の中でも「羊」氏を渡来人であるする見解が多く、多胡も多くの胡人(中国北方の一族)を意味するものではないかとの見解もある。近隣には高麗神社も存在することから、この説を有力たらしめている。

歴史[編集]

多胡碑は現在「御門」という地名に所在するが、この地名は政令を意味する事から「郡衙(ぐんが)」が置かれた場所だと推定されている。郡衙とは郡の役所の事である。多胡碑と性格が類似する多賀城碑が多賀城南門の傍らに建っていた事から、多胡碑も多胡郡衙正門付近、つまり建碑当初からこの地に存在した可能性が高いと考えられている。

8世紀後半に建碑されたと考えられる多胡碑だが、9世紀後半頃からの郡衙の衰退、その後の律令制の崩壊と共に、多胡碑も時代の闇の彼方に消え去った。再び所在が明らかになるのはおよそ700年後の建久6年(1509年)に連歌師 宗長によって執筆された「東路の津登」まで下る。この約700年間、多胡碑がどのような状態で存在したのかを知りえる資料は存在しない。しかしながら碑文の保存状態が良好な事から、碑文側を下にして倒れていた、土中に埋もれていた、覆堂の中で大切に保護されていた、などある程度良好な環境に存在したと推定される。その後約200年の間を空けた後、伊藤東涯により執筆された盍簪録、輶軒小録の二書を皮切りに数多くの文化人を通し、多胡碑は全国に知れ渡っていく。

近代になると明治9年(1876年)に熊谷県改変に伴って群馬県が新設された。楫取素彦が初代県令として就任し、その足で多胡碑を訪れ保護の重要さをうったえ、結果多胡碑周辺の土地が政府買い上げとなった。その後の関東大震災、戦時中の空襲などの被害を受けることも無かったが、第二次世界大戦後の昭和20年(1945年)、文部省通達により多胡碑は付近の桑畑に一時埋められることになった。これは進駐軍による接収を免れるための隠匿であったとされる。

近年には福田赳夫福田康夫元総理、日本人初のノーベル賞受賞者の湯川秀樹など、多方面に渡る著名人の訪問を受け、昭和50年(1975年)には学習院大学学生であった皇太子徳仁親王も訪問している。昭和29年(1954年)、国の特別史跡に指定され、平成8年(1996年)には市立の記念館が併設された。現在多胡碑はガラス張りの覆堂の中に保存されているが、覆堂のガラス越しからでも肉眼ではっきりと碑文が読め、非常に良い状態で保存されている。また毎年3月9日近辺の休日に「多胡碑まつり」が開催され、この日は覆堂の扉が開かれ一般公開される。また多胡碑記念館に事前に開扉申込みし許可されれば扉を開けてくれる。

書道史上の価値[編集]

書道史の面から見ると、江戸時代に国学者高橋道斎によってその価値を全国に紹介され、その後多くの文人、墨客が多胡碑を訪れている。筆の運びはおおらかで力強く、字体は丸みを帯びた楷書体である。北魏の雄渾な六朝楷書に極めて近く、北魏時代に作成された碑の総称である北碑、特にその名手であった鄭道昭の書風に通ずると言われる。代の中国の書家にも価値が認められ、楷書の辞典である『楷法溯源』に多胡碑から39字が手本として採用された。

周辺施設[編集]

多胡碑記念館
  • 展示施設として多胡碑記念館がある。
  • 一帯は吉井いしぶみの里公園として整備されている。公園内に古墳が2基ある。
  • 吉井運動公園が隣接している。

交通[編集]

  • 上信電鉄上信線吉井駅馬庭駅から徒歩25分(わかりやすい一本道ではないので吉井駅常駐のタクシー利用が望ましい)
  • よしいバス(自家用有償バス)南陽台・馬庭線多胡碑記念館前停留所から0分(便数極小)。

脚注[編集]

  1. ^ 「上毛三碑」とも。
  2. ^ 続日本紀』巻5では和銅4年3月6日「三月辛亥割上野國(中略)片岡郡(中略)別置多胡郡」とする

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 尾崎喜左雄『多胡碑』-上野三碑付那須国造碑-(中央公論美術出版・・美術文化シリーズ 1967年)
  • 吉田金彦『草枕と旅の源流を求めて―万葉の多胡・田子浦の歌』(勉誠出版、2004年(平成16年)) ISBN 4585071172

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度15分54.0秒 東経138度59分46.8秒 / 北緯36.265000度 東経138.996333度 / 36.265000; 138.996333