尚順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
尚順

尚 順(しょう じゅん、1873年5月2日- 1945年6月17日)は、最後の琉球国王尚泰王の四男。男爵貴族院議員琉球新報沖縄銀行(日本の華族界における十五銀行(別名、華族銀行)に相当する銀行で、現在の沖縄銀行とは無関係)の創立者。

生涯[編集]

尚順は、明治6年(1873年)5月2日(旧暦4月6日)、尚泰王の第四王子として生まれた。母は松川按司。松山王子、松山御殿(まちやまうどぅん)と呼ばれた。雅号は鷺泉。室は真子(伊是名朝睦長女)。

琉球処分に伴い父と共に7歳で上京、明治25年(1892年)、20歳の時に兄の尚寅と共に帰郷した。その後、翌年の明治26年(1893年)、太田朝敷、護得久朝惟、豊見城盛和、高嶺朝光らと共に琉球新報を設立し、明治32年(1899年)には沖縄銀行を設立した。他にも沖縄広運の設立、桃原農園を設立しパイナップルなどの果樹観賞用植物等を移入した。

1904年(明治37年)7月、貴族院男爵議員に選出され[1]1915年(大正4年)6月19日に辞職した[2]

松山御殿は敷地約4千坪あり、家族16人、使用人20数名で暮らしていた。尚順には6人の男子と10人の女子がいたが、沖縄戦で本人、妻、長男一家、三男、四男、孫の尚忠昭、尚忠正が亡くなった。享年72。

栄典[編集]

人物[編集]

一方で趣味人としても知られ、名筆であったと言われる。建築家の伊東忠太、画家の藤田嗣治、民芸家の柳宗悦、陶芸家の河井寛次郎などとも交流があった。また美食家としても有名で、後年、「驚異の美食家」「グルメ男爵」などと呼ばれた。特に泡盛についての造詣が深く、彼の遺稿集でも泡盛について多くの言及を行っている。なお、同じ遺稿集で、「首里城明け渡し・人物群像」という題で、首里城明け渡しについて、当時6歳であった思い出、松田道之をみた思い出、その時の父尚泰の態度などを語っている[6]

親族[編集]

家督は尚順の息子で次男尚誠が継いだ。尚誠は弟(尚順の六男)尚詮に財産を管理するように頼み、尚詮は兄に代わり『松山御殿』の財産を管理した。尚詮の妻は琉球大学名誉教授の尚弘子。尚誠の長男である尚厚桃原農園社長)が、松山御殿の財産を引き継いでいる。尚誠の長女は、白光真宏会第二代会長の西園寺昌美

『松山御殿の日々』を著した知名茂子は、尚順の六女。1917年生まれ。1938年に首里の旧家・知名家に嫁ぎ、台湾へ赴任。戦後帰沖し、三男一女を育てる。茂子によると、尚順は子供たちの教育方針として、「父は男爵だが、お前たちに身分はない。使用人は父の使用人で、お前たちの使用人ではない。」と常日頃語っていたという。

脚注[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』74頁。
  2. ^ 『官報』第866号、大正4年6月22日。
  3. ^ 『官報』第3901号、「授爵叙任及辞令」1896年07月01日。
  4. ^ 『帝国議会会議録』「第24議会 - 貴族院 - 貴族院議員の異動」
  5. ^ 『帝国議会会議録』「第26議会 - 貴族院 - 貴族院議員の異動」
  6. ^ 山城善三 『沖縄事始め・世相史事典』、1983、月刊沖縄社 pp.92-93、なお、原本は昭和12年月刊琉球とある

参考文献[編集]

  • 『松山王子 尚順遺稿』 尚順遺稿刊行会 1969年、藤田嗣治が寄稿。
  • 松山御殿物語―明治・大正・昭和の松山御殿の記録』松山御殿物語刊行会編、ボーダーインク  2002年 ISBN 4899820313
  • 高木凛『大琉球料理帖』とんぼの本 新潮社 2009年
  • 知名茂子『松山御殿の日々』ボーダーインク 2011年
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。

関連項目[編集]