宣誓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宣誓(せんせい)とは、自己の主張が真実であること、あるいは自己の行動がある規範に則っていることを、特に多数の人々に対して言明すること。法的な拘束力を持つ場合もあり、また儀式化されたものも多い。

本来の意味では、神仏等の神聖な存在に対して、あるいはそれを証人として行う誓いを指し、現代でもこの形式に従う場合がある。これは宣誓に背いた場合にはを受けるという意味があり、古くは「背いた場合には、しかじかの天罰が下る」と宣言する形で行うことが多かった(例えば古代日本のウケヒケルト神話ゲッシュ旧約聖書に書かれた例など)。

法的な意味での宣誓とは、証人が自己の証言を真であると宣言すること、鑑定人通訳が鑑定、通訳等を誠実に行うと言明することなどを意味し、それに反した場合は偽証罪などに問われる。宣誓を書面で行った場合はその書面を宣誓書という。

現代では選手宣誓のように、単に約束を宣言する宣誓も多い。西洋または西洋の伝統に基づく儀式では、宣誓に当たり、右手を高く挙げたり、胸に当てたりすることが多い。

歴史上有名な宣誓、および儀式として行われる宣誓[編集]