安宅信康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安宅信康
時代 戦国時代安土桃山時代
生誕 天文18年(1549年
死没 天正6年(1578年
改名 甚太郎(通称)
氏族 安宅氏
父母 父:安宅冬康
兄弟 信康安宅清康

安宅 信康(あたぎ のぶやす)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将

天文18年(1549年)、三好長慶の弟・安宅冬康の長男として生まれる。永禄6年(1564年)、父が長慶に殺されたため、家督を継いで淡路水軍の総指揮官となる。

織田信長上洛後、信長包囲網が敷かれると石山本願寺と結んで織田氏と敵対したが、元亀3年(1572年)に足利義昭および信長に降伏してその臣下となった。義昭と信長の手切れ後は織田水軍の一員となり、石山本願寺を支援する毛利氏の誘いを拒否して、天正5年(1577年)には木津川口の戦いにおいて毛利水軍と戦った。

天正6年(1578年)に死去。享年30。後を弟の清康が継いだ。

関連項目[編集]