姫路麗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ひめじ うらら
姫路 麗
生誕 1978年3月21日(36歳)
日本の旗 日本 大阪府
職業 プロボウラー
公式サイト
姫路麗公式サイト

姫路 麗(ひめじ うらら、1978年3月21日 - )は、大阪府池田市出身のプロボウラー。フタバボウル専属。2000年プロ入り。JPBA第33期生。ライセンスNo.352。一女の母[1]

人物

19歳の時にプロボウラーの北野周一に弟子入りする。2000年に3度目のプロテストに合格してプロ入り[2]

BS日テレで放送されている『ボウリング革命 P★League』(以下Pリーグ)に第1戦より出場し、2014年現在も出場している。キャッチフレーズは「気迫のボウリング・ジェンヌ」。優勝回数は歴代第2位の8回で、松永裕美の10回に次ぐ。愛娘が応援に来ると負けないと言う『愛娘・不敗神話』があると言う。アメリカンボウリングサービス(ABS)と用品契約している。

2008年にポイントランキング1位・賞金ランキング1位・アベレージランキング1位の「三冠女王」に輝いた[2]2012年に全日本女子プロボウリング選手権のテレビ決勝(再優勝戦)[3]において見事パーフェクトを達成し、逆転で年間賞金ランキングトップに輝いた。これはスカイ・エーで全国テレビ中継されたもので、公式戦のテレビ決勝においてのパーフェクト達成は中山律子以来だった[4]

公式サイトでのブログだけではなくtwitterfacebookにおいてもアカウントを取得して情報発信している。また、公式戦やチャレンジマッチなどにおいても、会場では写真撮影やサインに気さくに応じ、記念写真に応じる際もアングルや表情などに気遣いを見せる。

同じプロボウラーの西村美紀は親友。

概要

  • JPBA33期生(2000年ライセンス取得)ライセンスNo.352
  • JPBA公認パーフェクト 5回
  • 利き腕 右投げ
  • 2008年ポイントランキング・賞金ランキング・アベレージランキングトップ(3冠王)
  • 2009年ポイントランキング・賞金ランキング2冠
  • 2012年賞金ランキングトップ

主な成績

JPBAツアー成績

  • 2007年 彦根プリンスカップ 優勝
  • 2008年 DHCツアー 最終戦 優勝
  • 2008年 第31回JLBCプリンスカップ 優勝
  • 2008年 第40回記念全日本女子プロ選手権 優勝
  • 2009年 第30回記念全日本ミックスダブルス 優勝
  • 2009年 第1回「HANDA CUP」フィランスロピープロボウリングトーナメント 優勝
  • 2010年 第5回記念MKチャリティカップ 優勝[5]
  • 2012年 第44回全日本女子プロ選手権 優勝
  • 2013年 中日杯2013東海女子オープン 優勝
  • 通算 8勝(公認パーフェクト6回)

Pリーグでの成績(3位以内)

  • 第4戦 優勝
  • 第5戦 準優勝
  • 第7戦 優勝
  • 第8戦 準優勝
  • 第11戦 3位
  • 第13戦 優勝
  • 第16戦 3位
  • 第17戦 優勝
  • 第23戦 3位
  • 第27戦 優勝
  • 第33戦 優勝
  • 第40戦 優勝
  • 第41戦 準優勝
  • 第48戦 優勝
  • 第2シーズンチャンピオン決定戦 準優勝
  • 第50戦 3位

[6]

出演

テレビ

ラジオ

  • 週刊ますだスポーツ(MBSラジオ、2014年2月27日)

脚注

  1. ^ 本人公式サイトのプロフィールより
  2. ^ a b ココロの旅(関西テレビ放送)
  3. ^ 大会公式サイト参照。本来であれば決勝戦で勝った選手が優勝であるが、今大会では特別ルールにより「トップシード選手」(準決勝ラウンドロビン戦の1位通過選手。この場合は姫路)が敗れたため優勝決定は決勝再試合(実質上の「アドバンテージ制」)に持ち越され、そこで姫路がパーフェクトで勝利し優勝となった。
  4. ^ 【全日本女子プロボウリング選手権大会】姫路麗がパーフェクトゲーム達成で優勝!(リアルライブ)
  5. ^ オフィシャルサイト・成績
  6. ^ P★LEAGUE

外部リンク