如意輪寺 (徳島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
如意輪寺にょいりんじ
Nakatsuminesan Nyoirinji 03.jpg
本堂
所在地 徳島県徳島市多家良町中津2-2
位置 北緯33度58分14.4秒
東経134度30分56.0秒
座標: 北緯33度58分14.4秒 東経134度30分56.0秒
山号 中津峰山
宗派 高野山真言宗
本尊 如意輪観音
正式名 中津峰山 如意輪寺
別称 中津峰観音
札所等 新四国曼荼羅霊場81番、阿波秩父観音霊場1番、阿波七福神霊場大黒天
文化財 如意輪観音坐像(国の重要文化財)、四天王立像(徳島市指定有形文化財)
テンプレートを表示

如意輪寺(にょいりんじ)は、徳島県徳島市多家良町にある高野山真言宗寺院。本尊は如意輪観音。別名「中津峰の観音さん」。阿波三峰のひとつ中津峰山にあることから中津峰観音と称される。 新四国曼荼羅霊場の第81番札所。阿波秩父観音霊場の第1番札所。阿波七福神霊場大黒天東山湲県立自然公園指定。

ご詠歌:御佛の おしえも高き 中津峰 法の誓いを たのめ世の人

概要・歴史[編集]

山門

徳島南部には、弘法大師太龍寺山の舎心ヶ嶽・太龍寺から中津峰山の方向に北斗七星を拝して、悪星を祈り落としたという伝説が多く伝わっている。中津峰山の南麓には弘法大師が祈り落とした悪星を封じ込めたという星の岩屋・星谷寺がある。

中津峰山山頂(天津神社)と如意輪寺にまつられる総鎮守の三十八社大権現は九曜二十八宿の星々と地元の神の三十八の神々を合祀した神で、如意輪観音の本地とされる。

古来より如意輪寺の位置する中津峰山が、観音の居所とされる補陀落山に擬せられることから観音の霊場とされた。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)
  • 如意輪観音坐像 - 木造、漆箔彩色、105.1cm、鎌倉時代。1911年明治44年)8月9日指定。
徳島市指定有形文化財

前後の札所[編集]

新四国曼荼羅霊場
80 地蔵寺 ---- 81 如意輪寺 ---- 83 長谷寺
阿波秩父観音霊場
34 竹林院 ---- 01 如意輪寺 ---- 02 青蓮寺

交通[編集]

外部リンク[編集]