大チャクリー勲章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大チャクリー勲章(Order of the Royal House of Chakri)は、1882年ラーマ5世によって、バンコク遷都100周年とそれを実施したチャクリー王朝創始のラーマ1世を記念し創始されたタイ王国勲章。正式名称はเครื่องขัตติยราชอิสริยาภรณ์อันมีเกียรติคุณรุ่งเรืองยิ่งมหาจักรีบรมราชวงศ์, 英語では The Most Illustrious Order of the Royal House of Chakri, なお略称はม.จ.ก.

タイ王国において、最高位のラーチャミトラーポーン勲章に次ぐ二番目に高位の勲章である。

ラーマ1世直系の王族とその妃に対して授与される。また外国の国王クラスの国家元首の妃に対しても授与される。

この勲章には特に等級はない。

外国の受章者[編集]

外部リンク[編集]