外傷歯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

外傷歯(がいしょうし)とは、外的要因により、歯周組織に発生する損傷の総称。硬組織の損傷である破折性のものと、軟組織の損傷である脱臼性のものに大別されるが、両方が同時に発生していることも多い[1]

分類[編集]

外傷歯の分類として統一された指針はまだないが、Ellis(1970)、Davey、Andreasen(1980)、稗田らによる分類や、日本小児歯科学会が行った調査結果による分類法などが知られる[2][3]

疫学[編集]

乳歯においては1歳6か月から2歳6か月、永久歯においては7~9歳の時期が多い[2][4]。男女比は年齢によって異なるが、男性のほうが多いが、女性のスポーツなどの参加の活発化に伴い、女性の割合が増加してきている[5]。部位は上顎中切歯が80%を占め[5]、残りも大部分が他の切歯である[4]

診査[編集]

問診視診触診温度診歯髄電気診レントゲンCTコーンビームCT等のX線検査口腔内写真検査等により状態、治療法を検討する[6][7]

治療[編集]

外傷の種類・範囲により治療方法は大きく変わるが、素早く処置を行うことにより、より保存的な経過が可能な場合もある。特に歯の脱離の場合、歯根部分の歯根膜の生死で再植後の生存率が変わる[8]ため、受傷後ただちに脱離した歯を保存液、牛乳口腔内などで保存し、歯科医師の治療を受ける必要がある[9]

予防[編集]

スポーツでの外傷歯の発生を防ぐのに、マウスピースの有効性が知られており、接触の多いスポーツの一部ではその装着が義務化あるいは一部義務化されている他、多くのスポーツで使用が推奨されている。

虐待との関連[編集]

外傷歯などの口腔外科的損傷で歯科を受診した子どもの中には、虐待が原因で発生したと思われる症例が存在する[10][11]歯科口腔外科を受診した小児外傷の救急患者のうち、「受傷状況に不自然な点がある」患者と「繰り返し受傷」患者が12.5%存在したとの報告もある[11]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 月星, p. 10
  2. ^ a b 久保山・本川, p.156
  3. ^ 大東・嘉藤, pp. 299-301
  4. ^ a b 大東・嘉藤, p.294
  5. ^ a b 勝海
  6. ^ 月星, pp. 13-25
  7. ^ 大東・嘉藤, pp. 297-299
  8. ^ 月星, p. 154
  9. ^ 月星, p. 155
  10. ^ 都築 他
  11. ^ a b 岩原 他

参考文献[編集]