マウスピース (スポーツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マウスピース(格闘技用)

マウスピースは、 ボクシングなどの格闘技、あるいはラグビーなどの激しい衝突を伴う球技などのスポーツで使用し、外傷を予防するための器具。最近はバスケットボールなどでも使用されることがある。

概略[編集]

試合中に歯列をしっかり噛み合わせておき、自体の損傷、歯による口内の裂傷を防ぎ、脳への振動を軽減するための器具。マウスガードガムシールドとも呼び、樹脂製が多い。歯と歯が十分に噛み合うことが出来るため、着用していると普段以上の筋力を発揮できるとされている。

おおむね、上顎に嵌めるタイプと、上下の歯で噛むようにするタイプに分けられる。後者の場合、当然ながら空気が通るようなつくりになっている。

この器具による口内損傷の予防効果は高く、アメリカンフットボールは特に激しい接触を伴うことで有名だが、着用が義務付けられていることによってむしろ他の競技よりも口の中を怪我する確率は低いという(ヘルメットのフェイスマスクにストラップで吊られており、プレーの直前に噛み込む)。

最近ではマウスピース(マウスガード)の効用について徐々に認知されるようになり、各種競技における装着ルール化や競技連盟・団体の装着推奨によって、使用者が増加している。

マウスピースは、その製作方法によって大きく2つに区分される。 (1)市販品 (2)オーダーメイド品

(1)市販品は、比較的廉価(300円~5000円程度)であり、自らで軽易に作成できることがメリットである。かつては、自らの口のサイズに合う既製品を購入してそのまま口に入れて使用していたが、現在では熱湯(80度以上)につけることで柔らかくしたあと、口内に入れて噛み、個々人の歯型に合わせた形状にする(そのあと冷水につけて形状を固定する)タイプが一般的である。

(2)オーダーメイド品は、自分の競技に合わせて肉の厚さや噛み合わせ等を指定できるメリットがある。かつては、歯科や専門業者にてマウスピース(マウスガード)を製作するのはトップアスリートに限られていたが、最近は製作者の増加、製作技術の普及、製作コストの低下などにより、手軽に安く自分専用のマウスピースを成形することが可能になり、自分の歯形から成形された「マイ・マウスピース」使用者が増加している。 特に、マウスピース装着時の競技遂行上の阻害要因であった「しゃべりにくさ」が市販品と比較すると大きく改善されており、アイスホッケーやラグビーのように口頭で意思伝達を図りながらプレーする競技においてはオーダーメイド品が好まれている。 また、オーダーメイド品の特徴として色を任意に配色できる点がある。全単一色のものから数色使用したカラフルなものまで様々であり、デザイン性がかつてより向上していることもマウスピース普及の要因の一つに数えられる。

使用状況[編集]

義務化
一部義務化
推奨

描写[編集]

ボクシング漫画では、試合中、顔面への打撃によって吹っ飛ぶ、もしくは選手の疲労や、ボディへの加撃によって選手のから吐き出されるマウスピースの描写が、比較的ポピュラーに用いられている。

ただし、現実的には試合中にマウスピースが落ちるケースは少ない。打撃を受ける際には歯を噛み締めて頭部の衝撃に耐えるのが基本だからである。プロの試合ではそのままラウンド終了まで続行されるケースが多い。続行される際に、落下したマウスピースをレフェリーが拾い、セコンドに投げることがあるが、試合の流れに影響がない場合は再度装着させる。これは再度装着時に時間がかかり試合の流れが止まるからである。稀に、故意に落下させ時間を稼ぎ、体力回復を計るケースもある。他の競技、アマ等では試合を中断して選手に再度装着を義務づけることが多い。

脚注[編集]

関連記事[編集]