国際特許分類に関するストラスブール協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際特許分類に関するストラスブール協定(こくさいとっきょぶんるいにかんするストラスブールきょうてい、Strasbourg Agreement Concerning the International Patent Classification)は、1971年3月24日フランスストラスブールで作成され、1975年10月7日に発効した、特許の国際分類を定める条約ストラスブール協定と略される。国際特許分類はこの条約に基づいて作成されている。この条約の管理は世界知的所有権機関が行っている。締約国は56か国(2006年8月現在)。日本は1977年8月18日に加入。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]