先願主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

先願主義(せんがんしゅぎ)とは、最初に特許出願を行った者に特許権を与える制度。例えば、同じ発明をした者が二人いた場合、どちらが先に発明をしたかにかかわらず、先に特許庁に出願した者(出願日が早いほう)が特許を受ける権利を有する。これに対して、先に発明した者が特許を受ける権利を有することを先発明主義という。

現在では米国以外のほとんどの国で、先願主義が採用されている。また米国においても2006年、国際会議において先願主義の採用に同意しており、米国特許法改正が2012年から段階的に開始され、2013年3月16日には移行が行われる[1]。(特許先発明主義米国の特許制度参照)

先発明主義と比較すると、先願主義では出願状況を見ることによって他者によって発明されているかどうか知ることができ、二重投資を避けることができるという長所がある[2]

参考文献[編集]

  1. ^ 日経BPネット「米国特許法改正、先願主義への移行間近」
  2. ^ 小田切宏之 『企業経済学』 東洋経済新報社、2010年、199頁。ISBN 978-4-492-81301-0