否定論理和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

否定論理和(ひていろんりわ)とは、与えられた複数の命題の全てが偽であることを示す論理演算である。NORと表記される。

性質[編集]

否定論理和(NOR)

一般的に論理演算は論理積(AND)、論理和(OR)、否定(NOT)の組み合わせだけで表現される。しかし、NORはこれのみで、すべての論理演算を表現することが可能である。AND、OR、NOTともNORによって表現できるからである。

  • NOT A = A NOR A
  • A AND B = ( NOT A ) NOR ( NOT B ) = ( A NOR A ) NOR ( B NOR B )
  • A OR B = NOT ( A NOR B ) = ( A NOR B ) NOR ( A NOR B )

真理値表[編集]

命題 P 命題 Q P NOR Q

関連項目[編集]