吉川榮治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吉川 榮治
US Navy 070518-N-0696M-116 Chief of Naval Operations (CNO) Adm. Mike Mullen presents Adm. Eiji Yoshikawa, Chief of Staff, Japan Maritime Self-Defense Force with a plaque during an office call at the Pentagon.jpg
生誕 1948年1月
日本の旗 日本 大阪府
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1971 - 2008
最終階級 JMSDF Admiral insignia (a).svg 海上幕僚長たる海将
テンプレートを表示

吉川 榮治(よしかわ えいじ、1948年昭和23年)1月 - )は、日本海上自衛官。第28代海上幕僚長大阪府出身。

経歴[編集]

1999年平成11年)3月23日に発生した能登半島沖不審船事件では海上自衛隊創設以来初となる海上警備行動が発令され、第3護衛隊群司令として現場の指揮を執った。

海上幕僚長退任直前の2008年3月21日付けで、イージス艦情報漏洩事件イージス艦衝突事故及び護衛艦しらね」の火災事故の三件に関して懲戒処分を受け、24日付で退職した[1]。海上幕僚長離任に際しては、栄誉礼を辞退。後任の赤星慶治を含む幹部や石破茂防衛相が互いに帽子を振って別れる「帽振れ」のあいさつで吉川を見送った[2]

略歴[編集]

脚注[編集]