共和国防衛隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イラク共和国防衛隊アラビア語: حرس العراقي الجمهوري‎ Ḥaris al-‘Irāq al-Jamhūriyy Iraqi Republican Guard 通称RG)はサッダーム・フセイン政権時代の軍事組織。イラン・イラク戦争時代から存在しており、湾岸戦争では主力部隊として戦った。湾岸戦争後は、非ティクリート系の部隊の反乱が発生し、改めて特別共和国防衛隊が編成された。イラク戦争では、初期の空爆により通信網を遮断され大規模な作戦能力を奪われたり、多くの指揮官CIA調略を受けたりしたため、一部の部隊を除き有効な反撃はできなかった。

概要[編集]

共和国防衛隊(以下RG)は、当初、「大統領特別警護隊」として発足しており、任務はサッダームの身辺警護であり、通常戦闘にはほとんど参加することはなく、隊員はバアス党員で固められており、またティクリート出身者が多くを占めていた。

イラン・イラク戦争時の1986年、イラン軍の大規模反攻が始まり、イラク軍は占領地を次々と奪還された。この危機に際して、イラク政府は、一般大学を閉鎖し、大学生を緊急に召集した。この際、非ティクリート出身者にも、RG入隊、従ってバアス党入党の資格が与えられた。この結果、RGでは、一時的に血縁・地縁によらない能力主義が採られ、指揮官にはイラク軍の有能な将校が就き、イラン軍の撃退、後のクウェート侵攻でその作戦能力を誇示することができた。

徴兵制の旧イラク軍では珍しく志願制の部隊であり、装備・給料・待遇の面で格段の差がある。イラク戦争開始時の兵力は軍全体で約35万人に対して、6個師団7万人の勢力を保持していた。なお、イラクと同じくバアス党による支配が続くシリアにも同名の軍部隊が存在する。

組織[編集]

発足時はイラク陸軍出身の将校がRG司令官としてRGを統率していたが、その後の機構改編により、政権内部で台頭したサッダームの次男クサイが長を務める特別保安機関(OSS)の傘下に入り、OSS長官を務めるクサイが、実質上の最高指導者となった。公式なポストでは無いものの、RG監督者の肩書が与えられている。

指揮命令系統は、監督者であるクサイから、RG事務局に伝えられ、そしてRG参謀総長から各軍団へと流れる仕組みになっている。

2003年4月時点でのRG事務局長は、カマール・ムスタファー・アブドゥッラー・スルターン陸軍中将。参謀総長は、サイフッディーン・フライイフ・ハサン・ターハー・アッ=ラーウィー中将であった。

編成[編集]

北部及び南部の2個軍団と直轄部隊から成った。