光星仔礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南沙諸島における南シナ海周辺諸国の実効支配状況

光星仔礁(こうせいししょう、英語:Ardasier Reef、マレー語:Terumbu Ubi-Ubi、タガログ語:Antonio Luna)は、南沙諸島にあるサンゴ礁である。

マレーシア実効支配しているが、中華人民共和国中華民国台湾)、フィリピンベトナムも主権を主張している。[1]

1977年、マレーシアが光星仔礁を占領した。[2]

脚注[編集]

  1. ^ マレーシア首相がスプラトリー諸島を訪問、領有権をアピール―中国紙
  2. ^ [1]

座標: 北緯7度37分19秒 東経113度51分39秒 / 北緯7.62194度 東経113.86083度 / 7.62194; 113.86083