馬歓島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鄭和群礁(環礁)の北半分。下の島が馬歓島。上の島が費信島。
南沙諸島における南シナ海周辺諸国の実効支配状況

馬歓島(ばかんとう、英語:Nanshan Island、タガログ語:Lawak、ベトナム語:Đảo Vĩnh Viễn)は、南沙諸島に点在する島の一つ[1]鄭和群礁(堤閘灘)(Tizard Bank & Reefs)という環礁の一部で、同じ環礁の一部である費信島から南に5海里離れている。東西360m、南北270m、面積は0.06k㎡ 中国名の「馬歓島」は、時代の宦官鄭和が「西洋下り」といわれる南シナ海からインド洋への航海の際に同行した馬歓の名からきている。[2]旧称南洋島

フィリピンが馬歓島を実効支配しているが[3]中華人民共和国中華民国台湾)とベトナムも主権を主張している。[4]1970年からフィリピン軍が駐留している。[5]

脚注[編集]

  1. ^ 南沙諸島 - 領土の帰属をめぐる紛争地帯
  2. ^ 馬歓島(中国語)
  3. ^ 人民網 - 外交部:中国は南中国海問題の二国間交渉を堅持
  4. ^ [1]
  5. ^ 文匯報 - 南海周辺国家侵占島嶼(中国語)

外部リンク[編集]

座標: 北緯10度44分1.68秒 東経115度48分5.76秒 / 北緯10.7338000度 東経115.8016000度 / 10.7338000; 115.8016000