西月島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南沙諸島における南シナ海周辺諸国の実効支配状況

西月島(せいげつとう、英語:West York Island、タガログ語:Likas、ベトナム語:Đảo Bến Lạc)は、南沙諸島の一つである。[1]旧称西青島中業島から北東76キロを離れている。フィリピンが西月島を実効支配しているが、中華人民共和国中華民国台湾)とベトナムも主権を主張している。[2]1963年からフィリピン軍が駐留している。[3]

地形[編集]

長さは略700メートル、高さは海抜3メートル、面積は0.18平方キロ。南沙諸島で三番目に大きい島で、フィリピンが支配している島としてはパグアサ島次いで二番目に大きい。

生態[編集]

島に草木が茂り、海鳥が多く、鳥の糞が汚染され、淡水が飲めない。[4]

脚注[編集]

  1. ^ 南沙諸島 - 領土の帰属をめぐる紛争地帯
  2. ^ 中国が南シナ海を「火の海」にする日
  3. ^ 文匯報 - 南海風雲(中国語)
  4. ^ 西月島

座標: 北緯11度5分0秒 東経115度0分0秒 / 北緯11.08333度 東経115.00000度 / 11.08333; 115.00000