侯咏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
侯 咏
プロフィール
出生: 1960年9月26日(53歳)
出身地: 中華人民共和国の旗 陝西省西安市
職業: 撮影監督
映画監督
各種表記
繁体字 侯 詠
簡体字 侯 咏
拼音 hóu yŏng
発音転記: ホウ・ヨン
ラテン字 Hou Yong
テンプレートを表示

侯 咏(ホウ・ヨン)は、中国(中華人民共和国)を代表する撮影監督の1人。張芸謀(チャン・イーモウ)作品のカメラマンとして知られる。

近年は映画監督としても活動中である。


略歴[編集]

1960年9月26日、中国陝西省西安市に出生。

1978年北京電影学院(撮影科)に入学。同期に張芸謀、陳凱歌(チェン・カイコー)等、後に中国映画の「第5世代」と呼ばれた錚々たる顔ぶれが並ぶ。

卒業後は学生時代の仲間たちとのプロジェクトで撮影監督を務め、徐々に頭角を現すようになる。1980年代後半〜1990年代前半は田壮壮(ティエン・チュアンチュアン) 、そして1990年代後半からは張芸謀と組み、中でも、庶民の生活や素朴な感情を描いた張監督との3作品『あの子を探して』『初恋のきた道』『至福のとき』は、海外で注目を浴びた。

2004年には章子怡(チャン・ツィイー)主演の『ジャスミンの花開く』で、メジャー作品の映画監督デビューを果たしている。

主な作品[編集]

撮影[編集]

監督[編集]

出演[編集]

  • (大宅門 第2部) (2003年) ※ テレビドラマ

外部リンク[編集]