佛通寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佛通寺
Butsuji Butsuden.jpg
仏殿
所在地 広島県三原市高坂町許山22
位置 北緯34度27分21.1秒
東経133度1分35.6秒
座標: 北緯34度27分21.1秒 東経133度1分35.6秒
山号 御許山
宗派 臨済宗佛通寺派
寺格 本山
本尊 釈迦如来
創建年 1397年応永4年)
開基 小早川春平愚中周及(開山)
札所等 中国三十三観音12番
安芸三十三観音25番
山陽花の寺21番
文化財 含暉院地蔵堂・絹本著色大通禅師像(国の重要文化財)
木造佛通禅師坐像・佛通寺文書ほか(県重要文化財)
テンプレートを表示

佛通寺(ぶっつうじ)は、広島県三原市にある寺院で、臨済宗佛通寺派の本山。山号は御許山。本尊は釈迦如来中国三十三観音霊場第十二番札所、山陽花の寺二十四か寺第二十一番札所。

紅葉時期の景観はすばらしく、県内屈指の紅葉の名所として多くの参拝者や観光客が訪れている。

御詠歌:わがつみを お許しうけて 今日よりは 仏にかよう こころうれしき

歴史[編集]

この寺は、1397年応永4年)小早川春平の開基、愚中周及の開山により創建された寺で、1409年応永16年)には紫衣の着用が許されている。1416年応永23年)には愚中派として臨済宗の中で一派を形成し、足利将軍家の祈願所となるなど帰依を得た。小早川氏のほか、毛利氏の保護も受けている。1905年明治38年)には天龍寺から独立して臨済宗佛通寺派を称し、その本山となった。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 佛通寺含暉院地蔵堂 附:須弥壇 応永13年(1406年)建立
  • 絹本著色大通禅師像 附:紙本墨書大通禅師墨蹟、紙本墨書大通禅師消息

広島県重要文化財[編集]

  • 木造佛通禅師坐像
  • 木造大通禅師坐像
  • 紺紙金泥細字法華経 附:木製漆塗六角経幢
  • 佛通寺文書
  • 佛通寺正法院文書
  • 金剛般若波羅密経版木
  • 延命地蔵菩薩経版木

登録有形文化財[編集]

  • 多宝塔  開山堂脇に立つ。昭和初期の建築で、軒周辺の材料に反りをもたせせ、整った塔姿が特徴の近代の多宝塔。

広島県天然記念物[編集]

  • イヌマキ

所在地[編集]

広島県三原市高坂町許山22

画像[編集]

隣の札所[編集]

中国三十三観音霊場
11 向上寺 -- 12 佛通寺 -- 13 三瀧寺
山陽花の寺二十四か寺
20 千光寺 -- 21 佛通寺 -- 22 棲眞寺

外部リンク[編集]