伴野智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

伴野 智(ばんの さとる、1973年2月20日 - )は日本の映像作家幻燈舎映画主宰。大阪府生まれ。立命館大学産業社会学部卒業後、東北新社入社。映画プロデューサーとして働く傍ら自らも映像作品を発表する。多くの映画祭で受賞・ノミネートを受けるなど、国内外の評価は高い。 近年、自ら撮影し、構成、演出、プロデュースするスタイルで、テレビドキュメンタリーも数多く手掛け、受賞している。

受賞・ノミネート歴[編集]

  • BJシネマ大好き映像大賞入賞(『犬』 1994年/日本テレビ系列放映)
  • 国民文化祭とちぎ1995全国映像の祭典・栃木県知事賞(『青春放浪記』 1995年)
  • 文化の森映像コンクール1996最優秀賞(『青春放浪記』 1995年/毎日放送テレビなどで放映)
  • キリン・コンテンポラリー・アワード1997 奨励賞(『マリア』 1997年)
  • みちのく国際映画祭1998 オフシアター・コンペティショングランプリ(ノミネート)(『マリア』)
  • ゆうばり国際冒険ファンタスティック映画祭1999 オフシアター・コンペティショングランプリ(ノミネート)(『山田君ノ布団』 1998年)
  • 第5回小津安二郎記念蓼科高原映画祭短編映画部門入賞(『トトオ』 2001年)
  • CINE VIS CINEMA 2003 奨励賞(『トトオ』 2001年)
  • 第6回小津安二郎記念蓼科高原映画祭短編映画部門入選(『海を見にいく』2003年)

--ドキュメンタリー作品--

  • 第31回地方の時代映像祭選奨受賞(ヒストリーチャンネル『百二十八枚の広島~写真からみる昭和の足跡~』2011年)
  • 第38回日本ケーブルテレビ大賞優秀賞(ヒストリーチャンネル『津波列島~忘れ去られた教訓~』2012年)
  • 第50回ギャラクシー賞 奨励賞(NHK BS1スペシャル『1972年 北京の五日間~こうして中国は日本と握手した~』2012年)

プロデュース歴[編集]