人民党 (セーシェル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

人民党(じんみんとう、英語: People's Party, フランス語: Parti Lepep)は、セーシェル政党。1977年より一貫して与党の座にある。

党史[編集]

1964年フランス=アルベール・ルネにより設立された社会主義政党で、当時の名称はセーシェル人民統一党(SPUP)。ルネのカリスマ的個人指導に基づく政党で、1977年に無血クーデターで政権を掌握。ルネは大統領に就任した。

政権奪取後の1978年、党名をセーシェル人民進歩戦線(SPPF)と改称した。SPPFは唯一の合法政党として、セーシェルを一党独裁による社会主義国家へと変貌させた。1977年のクーデターから、1993年の複数政党制導入までの時代を、セーシェル史の一区分として「第二共和国期」という。SPPF中央委員会はセーシェル国民議会を凌駕する権能を持っていた。

第二共和国期、SPPF党員や、タンザニアアルジェリアリビア東ドイツなど他の社会主義国からの資金援助があり、ルネの長期政権維持に貢献した。

1993年に複数政党制を導入した後も、SPPFの長期政権は辛くも続いている。高齢のルネは2004年に引退し、ルネの側近で副大統領を務めていたジェイムス・ミッシェルが大統領となっている。

2007年5月12日に行なわれた総選挙では、SPPFは56.76%の得票で、国民議会34議席中23議席を獲得し、引き続き過半数を維持した。

2009年6月、セーシェル人民進歩戦線から人民党へと党名を改称した。

公式サイト[編集]