二本木口停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
二本木口駅から転送)
移動: 案内検索
二本木口停留場
現電停(2011年2月)
現電停(2011年2月)
にほんぎぐち - Nihongiguchi
(合同庁舎前)
1 田崎橋 (0.2km)
(0.3km) 熊本駅前 3
所在地 熊本県熊本市西区春日二丁目
駅番号 2
所属事業者 熊本市交通局
所属路線 田崎線 A系統)
キロ程 0.3km(熊本駅前起点)
健軍町から9.0km
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1959年昭和34年)12月24日
熊本合同庁舎
旧電停(2006年8月31日)

二本木口停留場(にほんぎぐちていりゅうじょう)は熊本県熊本市西区春日二丁目にある熊本市交通局田崎線電停停留所番号2

運行状況によっては、田崎橋行きの便が熊本駅前電停で打ち切りとなり先行する田崎橋行きに乗り換えなければならない場合がある。 なお、方向幕(臨時系統ではなく赤地の二本木口 A)が用意されている。

構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する。歩道より直接アクセスする。

利用可能なバス路線[編集]

熊本駅前バス停(北へ約300 - 400m)の方がより多くの路線を利用できる。

  • 二本木口
    • 熊本市営バス - 西1・味4系統
    • 熊本都市バス - 西2・西3・駅3・駅4系統
    • 産交バス - 東4・5、県14・18、鹿4・5・6・8、子1・7・14、京3・4・5・6・7・8、西4~18、野3~7・9・10系統、阿蘇くまもと空港直行便(毎日夜間に運行、乗車のみ[1])、熊本駅直行便(渡鹿四丁目発・運輸支局入口発ともに平日朝の通勤時間帯のみ運行、降車のみ)

周辺[編集]

西側は熊本駅周辺再開発地域、東側は坪井川を挟んでビジネスホテルや住宅の混在する地域である。

歴史[編集]

駅の歴史
駅名の由来
  • 坪井川を挟んで東側の地名である二本木にちなむ。停留所所在地は春日であるがかつては遊郭として栄え現在はビジネスホテルが立ち並んでいる二本木の名称が有名であったため。

隣の停留場[編集]

熊本市交通局
田崎線( A系統)
田崎橋電停 (1) - 二本木口電停 (2) - 熊本駅前電停 (3)

脚注[編集]

  1. ^ ・熊本駅前(3番のりば)・自衛隊前・東町中央・佐土原・北花立・益城インター口・グランメッセ前・テクノリサーチパーク入口・阿蘇くまもと空港に停車。熊本駅前(3番のりば)以外の各停留所で降車可能。

関連項目[編集]