九重"夢"大吊橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
九重夢大吊橋から転送)
移動: 案内検索
九重"夢"大吊橋
九重"夢"大吊橋
九重"夢"大吊橋概要図看板

九重“夢”大吊橋(ここのえ“ゆめ“おおつりはし)は、大分県玖珠郡九重町にある歩行者専用の吊り橋。日本一高く長い歩行者専用橋である[1]

概要[編集]

2006年10月30日に開通。高さ173m(水面より)、長さ390mで、歩行者専用橋としては日本一の高さと長さである。なお、「世界一の専用歩道橋」としてギネスブックへの登録申請も行われたが、これは認められなかった[2]。幅員は1.5mで、大人1,800人の荷重に耐えるように設計されている。中央部の床版はすのこ状のグレーチングになっていて、下を見ることができる。

橋からは、日本の滝百選震動の滝や、紅葉の美しい九酔渓(鳴子川渓谷)の雄大な景色を望むことができる。

開通が紅葉の時期にあたったこともあり、入場者は、開通9日後に10万人を超え、開通からわずか24日後に年間目標の30万人を達成した。その後、翌2007年4月10日には100万人を突破し記念セレモニーが行われた[2]。同年9月16日には200万人、2008年4月4日には300万人を達成。これにともなって、入場料収入も順調で、総事業費約20億円のうち、7億3000万円の地域再生事業債は、予定より8年早く2008年9月に完済の予定である。

大分県では平成の大合併により町村数が47からわずか4に激減したが、九重町では他の自治体と合併せず「自律のまち」を目指しており、この橋は町の観光振興計画の柱となっている。現在のところ、入場者数は予想を大きく上回っているものの、観光客の町内での滞在時間が短いため、今後は、いかにして滞在型の観光地を形成していくかが課題である。町では好調な入場料収入を利用した施設の充実などに力を入れている。

歴史[編集]

1956年7月地元商店会の会員ながら若造だった時松又夫が「谷に橋をかけりゃ滝も紅葉もきれいに見えるぞ」と発言し、長老たちから寝ぼけている、誰が金を出すのかと一蹴されたが、1993年に至り町の観光振興計画に盛り込まれた。この様な長年の「夢」のような話から”夢”を冠して名付けられた[3] [4]

2007年10月から、九重町はこれまで未就学児に限っていた医療費助成の対象を小中学生にも拡大した。大吊橋の収益の一部を使う、町独自の条例を制定。県内の市町村では初めて、全国的にも珍しい取り組み[5]

2008年9月17日、「九重"夢"バーガー」の発売が開始された。同町と商工会が新しい名物作りを目指して取り組んでいたもので、姉妹都市である佐世保市佐世保バーガーの認定制度を参考にしている[6]。イメージキャラクターは「ドリームバーガーくん」[7]。"夢"大吊橋に併設されているJA九重町飯田九重"夢"大吊橋農産品販売店など、町から認定された店舗での販売となる。2008年11月21日現在、認定店舗は6店舗[8][9]

2008年10月11日、県道40号飯田高原中村線バイパス(936メートル)が完成し、共用が開始された。従来はすれ違いが困難な狭い県道を遠回りしなければならなかったため、約3kmの渋滞が発生していた。事業費は8億円[10]

2008年11月17日、開通から約2年で入場者数が400万人を突破し、記念のセレモニーが行われた。当初の年間来場者数見込みは30万人。同日までの入場者数の1日平均は5,300人、最高は18,022人[11]

2010年11月8日、入場者数が600万人を突破した[12]

2013年10月21日、入場者数が800万人を突破した[1]

位置[編集]

利用情報[編集]

営業時間・定休日[編集]

  • 営業時間 : 8時30分から17時(7月から10月は18時)まで。 ※通行券の販売は営業終了30分前まで。
  • 定休日 : 無し。
  • 通行料 : 中学生以上は500円、小学生は200円である。往復料金と称しているが、ゲートを出ない限り何度でも通行が可能。

交通[編集]

自家用車
※この道路は紅葉シーズンには渋滞することから、九重町では「四季彩ロード」の利用を促進している(詳細は公式サイトを参照)。
公共交通機関など

最寄りとなる「大吊橋中村口」バス停へは、日田バスが以下の路線を運行している。このほか、このほか、別府温泉および由布院温泉より、亀の井バス定期観光バスを運行している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]