中強羅駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中強羅駅
中強羅駅ホーム
中強羅駅ホーム
なかごうら - Naka-gora
OH 59 公園上 (0.24km)
(0.24km) 上強羅 OH 61
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町
駅番号 OH 60
所属事業者 箱根登山鉄道
所属路線 鋼索線(箱根登山ケーブルカー)
キロ程 0.72km(強羅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面1線
乗車人員
-統計年度-
68人/日(降車客含まず)
-2008年-
備考 標高:654m[1]
駅入口と踏切跡(2009年5月)
駅東側の踏切(関係者専用)※現在は廃止

中強羅駅(なかごうらえき)は、神奈川県足柄下郡箱根町にある箱根登山鉄道鋼索線(箱根登山ケーブルカー)のである。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面1線を有する地上駅。急斜面の場所であるがホームは階段状でなくスロープとなっている。線路の両側にホームがあり、停車したケーブルカーは両側の扉を開ける。

無人駅であり、自動券売機はなく乗車駅証明書発券機が設置してある。

なお、箱根登山鉄道の表示看板やパンフレットでは各駅の標高が示されており、かつては668mと表記されていたが、2013年の再調査で654mに訂正されている[1]

利用状況[編集]

2008年度の1日平均乗車人員は68人である。近年の推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗車人員
1998年 155 [2]
1999年 139 [3]
2000年 123 [3]
2001年 108 [4]
2002年 87 [4]
2003年 72 [5]
2004年 62 [5]
2005年 57 [6]
2006年 60 [6]
2007年 64 [7]
2008年 68 [7]

その他の特徴[編集]

箱根登山鉄道鋼索線には、軌道内に高速で動くケーブルがあり危険なことから、一般の者が利用可能な踏切は存在しない[8]公園下駅公園上駅ではアンダークロスする道路が設置されているが、当駅には存在しない(以前は関係者専用の踏切があったが廃止された)。旅客は利用するホテル等の施設がある側のホームでの乗・降車をするほか、線路を横切る時には列車停車中に車内を通行することが案内されている。

駅周辺[編集]

駅付近には旅館ホテル保養所等が多数建ち並ぶ。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

箱根登山鉄道
鋼索線(箱根登山ケーブルカー)
公園上駅 (OH 59) - 中強羅駅 (OH 60) - 上強羅駅 (OH 61)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 各駅における標高表示の修正について”. 箱根登山鉄道. 2013年11月30日閲覧。
  2. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)226ページ
  3. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度)228ページ
  4. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成15年度)226ページ
  5. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成17年度)228ページ
  6. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成19年度)230ページ
  7. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成21年度)244ページ
  8. ^ なお、奈良県生駒市近畿日本鉄道生駒ケーブル大阪府八尾市の近鉄西信貴ケーブルには、一般の通行が可能な複数の踏切が存在する。

関連項目[編集]