三次元測定機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三次元測定機

三次元測定機(さんじげんそくていき、英語: Coordinate Measuring Machine、略称CMM[1])とは、計測器の一種であり、立体三次元的に計測できる測定機

概要[編集]

接触式の概要を示す。 プローブと呼ばれるルビーセラミック・等の材質の球体で、製品を点測定、もしくは線測定をして、得られた三次元の座標値を検出する。点群データを合成して面要素や円要素、円要素を合成して円筒要素などを作ることも出来る。円の内外径や、平面度、平行度、直角度、位置度などの幾何学公差を求めることが出来る。 これらの検出値は接続された電子計算機で演算処理される。また、三次元プロッタを組み合わせて各種製品のモックアップ作成などに使われることもある。

測定方式による差異[編集]

  • 接触式(タッチプローブ)
  • 非接触式
    • 走査レーザプローブタイプ
    • 光学タイプ

接触式と非接触式を組み合わせた物もある。

操作方式による差異[編集]

  • マニュアル形
  • CMC形

形状による差異[編集]

  • ブリッジ形
    • ブリッジ移動タイプ
    • テーブル移動タイプ
    • ガイドセパレート
  • ホリゾンタルアーム形
  • 多関節アーム形

製造メーカー[編集]

海外メーカー[編集]

国内メーカー[編集]

  • ミツトヨ
  • 東京精密(カールツァイスと提携)
  • ニコンインストルメンツカンパニー
  • 中村製作所
  • 小坂研究所

スキャニングシステムメーカー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]