ヴィックスヴェポラッブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィックスヴェポラッブ: Vicks VapoRub)は、胸・のどや背中に塗ることにより風邪の諸症状を緩和する軟膏剤。日本の薬事法では指定医薬部外品に分類されている。

ヴィックスヴェポラッブの現在の発売元は日本では大正製薬、それ以外の地域ではP&Gである。

成分[編集]

(100gあたり)

ほかに添加剤としてチモールワセリンを含む。

特徴[編集]

揮発性の有効成分を鼻や口から吸入することにより呼吸を改善するとともに、皮膚から吸収して体温を上昇させ、鼻詰まりくしゃみなどの症状を緩和させる。外用薬であるため、内服薬の服用が困難な幼児(生後6カ月以上)や高齢者にも比較的容易に使用できる。抗ヒスタミン薬など眠気を誘発する成分は含まれていない。

日本での販路[編集]

当初は日本ヴィックスより販売されていたが、同社は1985年P&Gの傘下に入り、1988年にプロクター・アンド・ギャンブル・ヘルスケアに社名変更した。

その後2002年咳止めドロップの「ヴィックス コフドロップ」とともに大正製薬に事業譲渡されたが、現在でもヴイックスの名を冠して販売されている。

しばしばヴェポラッ半濁音)と呼ばれるが、正しくはヴェポラッ濁音)である。

外部リンク[編集]