ヴァージニア・アプガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァージニア・アプガー
(Virginia Apgar)
生誕 1909年6月7日
ニュージャージー州ウェストフィールド
死没 1974年8月7日(65歳没)
ニューヨーク州ニューヨーク市
職業 医師

ヴァージニア・アプガー(Virginia Apgar, 1909年6月7日 - 1974年8月7日)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ウェストフィールド出身の、小児科学および麻酔専攻の女医女性医学者麻酔科医である。また、新生児の出産の際にアプガー指数を導入したことによる乳幼児死亡率の低下で世界に貢献した。

来歴[編集]

毎年、周産期学の分野で米国小児科学会よりヴァージニア・アプガー賞 (Virginia Apgar Award) が贈られている[3]

生涯独身のまま、1974年8月7日にコロンビア・プレスビテリアン医療センターにて死去。65歳。

1994年に、肖像が合衆国の20セント普通郵便切手( Great Americans series)に採用された[1]

主な業績[編集]

  • 60種以上の科学論文を発表。

書籍・論文[編集]

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ Women in Medicine Exhibit Resources
  2. ^ Department of Obstetrics and Gynecology
  3. ^ Brief biography, National Library of Medicine, The Virginia Apgar Papers.

外部リンク[編集]