アプガー指数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アプガー指数( - しすう、Apgar score)、またはアプガーテストアプガースコアとは、出産直後の新生児の健康状態を表す指数、および判定方法[1]

1952年に、アメリカ合衆国医学者ヴァージニア・アプガーが導入した評価方法である[2]。日本では、昭和30年代後半(1960年代)から広く用いられるようになった。

概要[編集]

発案者の名前になぞらえた、以下の5つの評価基準について0点から2点の3段階で点数付けをし、合計点で判定する[1]

  • Appearance - 皮膚の色
  • Pulse - 心拍数
  • Grimace - 刺激による反射
  • Activity - 筋緊張
  • Respiration - 呼吸数
0点 1点 2点
皮膚の色 全身が蒼白
全身が青紫色
身体が淡紅色
四肢にチアノーゼがみられる
先端チアノーゼ
全身が淡紅色
チアノーゼがみられない
心拍数 60未満[3] 60以上、100未満 100以上
反射 反応しない 顔をしかめる
弱く泣き出す
強く泣く
くしゃみやセキがでる
筋緊張 弛緩している 少しだけ四肢を動かす 活発に四肢を動かす
呼吸数 呼吸しない 弱い、または、不定期 強く呼吸する

生後1分と5分に、上記の5項目について評価を行い、その合計点によって判断を行う。

  • 0-2点 - 重症仮死
  • 3-6点 - 軽度仮死
  • 7点以上 - 正常

日本においては、以下のように評価することもある。

  • 3点以下 - 第2度新生児仮死(重症仮死)
  • 4-6点 - 第1度新生児仮死(軽度仮死)

いずれにせよ、点数が低い場合には、蘇生処置など、何らかの対処が必要となる。

評価[編集]

アメリカ合衆国テキサス州ダラスのテキサス・サウスウエスタン大学医療センターでは、ダラス市のパークランド病院で1988年1月から1998年12月の期間に妊娠26週以降に産まれた新生児145627人のデータを集め解析することで、、アプガー指数の適切性の検証を行っている。

その結果、早産児と満期産児両方でアプガー指数が増加するにつれて生存率が増加することが明らかになった。 例えば、13399人の早産児の死亡率はアプガー指数が3点以下で1000人中、315人であったが、これに対してアプガー指数が7点以上の早産児の死亡率は1000人中5人であった。

また、非常に低いアプガー指数は新生児が死亡した時間と関係があることが同じく発見された。非常に低いアプガー指数を示した新生児は出生24時間以内に死亡していた。

以上から、アプガー指数は、今日でも適切なものであるという結論を下している。


脚注[編集]

  1. ^ a b 荒木勤、鈴木俊治「研修医のための必修知識:C.産科疾患の診断・治療・管理:14.新生児の管理と治療」、『日産婦誌』第54巻第11号、2002年、 p.p.517-518。
  2. ^ Apgar, Virginia (1953). “A proposal for a new method of evaluation of the newborn infant”. Curr. Res. Anesth. Analg. 32 (4): p.p.260-267. http://apgar.net/virginia/Apgar_Paper.html. 
  3. ^ 新生児の場合、心拍数60未満は心静止と判断される。