ヴァルゲイル・シグルズソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
これはアイスランド人の名前です。姓にみえる部分は父称あるいは母称であり、の名前としてのではありません。この記事で取り扱っている人物は、正式には個人名ヴァルゲイルで呼ばれます。
ヴァルゲイル・シグルズソン
Vsigurdsson.jpg
基本情報
出生 1971年
出身地 アイスランドの旗 アイスランド
ジャンル 電子音楽
実験音楽
職業 音楽プロデューサー
作曲家
活動期間 1991年~現在
レーベル Bedroom Community
公式サイト http://www.valgeir.net

ヴァルゲイル・シグルズソンValgeir Sigurðsson)はアイスランドの音楽プロデューサー、作曲家である。

経歴[編集]

ヴァルゲイルの魅力であるレコーディング技術の背景には、16歳のときの小さいレコーディングスタジオでの仕事がある。ヴァルゲイルはクラシックギターを専攻し、ロンドンのSAE Instituteをトーンマイスターとして卒業した。1998年、ヴァルゲイルは同胞のビョークラース・フォン・トリアー監督作『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のサウンドトラックのエンジニア、プログラマーとして雇われた。映画の主題歌でトム・ヨークとのデュエット作である「I've Seen It All」はアカデミー歌曲賞にノミネートされたが、ボブ・ディランの「Things Have Changed」に敗れた。ヴァルゲイルは歌に流れる特有の列車のリズムを作成した。ビョークとの仕事上での付き合いは映画の企画を過ぎても続き、それは1998年前半から2006年にわたった。その間、ヴァルゲイルはビョークの主なスタジオ共同制作者の一人だった。
ヴァルゲイルが創立者として1997年に立てたGreenhouse Studiosはアイスランドの最高の録音設備である。2005年、ヴァルゲイルはBedroom Communityというレコードレーベルを設立してニコ・マーリーの録音キャリアを始め、Ben Frostとサム・アミドンの作品をプロデュース、リリースした。ヴァルゲイルはテレビ、映画、舞台のための作曲をし、2007年にはソロアルバム『Ekvílibríum』をBedroom Communityから発表した。2010年にはアイスランドのドキュメンタリー映画『Draumalandið』のサウンドトラックを発表した。
ヴァルゲイルはビョークココロージー、Bonnie 'Prince' Billy、ザ・マジック・ナンバーズムームクロノス・クァルテットカミーユニコ・マーリーなど多くの有名でさまざまなアーティストたちとコラボレートしている。

作品[編集]

アルバム[編集]

  • Ekvílibríum (2007)
  • Draumalandið (2010)

外部リンク[編集]