ムーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
múm
}
基本情報
出身地 アイスランドの旗 アイスランドレイキャビク
ジャンル エレクトロニカ
実験音楽
活動期間 1997年 -
レーベル ファットキャット・レコーズ
モール・ミュージック
共同作業者 FM Belfast
メンバー
Gunnar Örn Tynes
Örvar Þóreyjarson Smárason
Ólöf Arnalds
Eiríkur Orri Olafsson
Hildur Guðnadóttir
Sigurlaug Gisladottir
Samuli Kosminen
旧メンバー
Gyða Valtýsdóttir
Kristín Anna Valtýsdóttir

ムーム(múm)は、アイスランドエレクトロニカバンド。レイキャビク出身。

メンバー[編集]

  • オルヴァル・スマラソン(Örvar Þóreyjarson Smárason)
  • グンネル・ティーネス(Gunnar Örn Tynes)

概要[編集]

múmという名に深い意味は無く、2頭の象が鼻を絡めあう姿をモチーフにしたとされている。かつてはギーザ・アンナとクリスティン・アンナの二人が双子のボーカルとして活動していたが、2002年にギーザが、2006年クリスティンが脱退。同郷のビョークシガー・ロスとの交流も深く、ファットキャット・レコーズや、モール・ミュージックなどのレーベルから音源をリリースしている。

音楽性[編集]

人の声やドアの開閉音などの生活音をサンプリングしたエレクトロビーツと、アコーディオンメロディオングロッケンシュピールなど様々な生楽器の奏でる旋律とが産みだす、風変わりで手作り感のあるエレクトロニカサウンドを特徴としている。また、年齢不詳なギーザとクリスティンの女性ボーカルが牧歌的なイメージを一層強くしている。

作品的には、ギーザとクリスティンの脱退までのどこか幻想的で浮遊感のある『Yesterday Was Dramatic - Today Is OK』から『Summer Make Good』までと、リズミカルで幼少期の回想を窺える様な内容を持つ『Go Go Smear the Poison Ivy』以降の作品とで活動期を分けることが出来る[1]

エピソード[編集]

ベル・アンド・セバスチャンのアルバム『わたしのなかの悪魔』のジャケット写真のモデルは、かつてメンバーであった双子の姉妹、ギーザとクリスティン[2]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

EP[編集]

  • The Ballad of the Broken Birdie Records (TMT, 2000)
  • Dusk Log (Fat Cat Records, 2004)
  • The Peel Session (Fat Cat Records, 2006) (Maida Vale 4 Studio 2002)

シングル[編集]

  • Green Grass of Tunnel (Fat Cat Records, 2002)
  • Nightly Cares (Fat Cat Records, 2004)
  • They Made Frogs Smoke 'Til They Exploded (Fat Cat Records, 2007)
  • Marmalade Fires (Fat Cat Records, 2007)

コンピレーション[編集]

  • Blái Hnötturinn (2001) - サウンドトラック
  • Motorlab #2 (2001)
  • Please Smile My Noise Bleed (Morr Music, 2001)
  • Remixed (TMT, 2002)
  • Fálkar (Smekkleysa Records, 2002)
  • Wicker Park (soundtrack) (Lakeshore Records, 2004)
  • Screaming Masterpiece (2005)
  • Kitchen Motors Family Album/Fjölskyldualbúm Tilraunaeldhússins (Spring 2006)
  • Early Birds (Morr Music, 2012)

脚注[編集]

  1. ^ 参考文献:『Yesterday Was Dramatic - Today Is OK』付属ラーナーノーツ
  2. ^ リッスンジャパン・バイオグラフィーより

外部リンク[編集]