ヴァジフ・アディゴザロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァジフ・アディゴザロフアゼルバイジャン語Vasif Zülfüqar oğlu Adıgözəlov, Vasif Zulfugar oglu Adigozalov, 1935年7月28日 - 2006年9月15日)は、アゼルバイジャン作曲家

バクー出身。1953年から1960年までバクー音楽院で学び、ピアノを主専攻にする一方で、カラ・カラーエフから作曲を学んだ。1960年代からピアニストとして活動した。また1961年からバクー音楽院の教壇に立ち、1992年から2006年まで合唱指揮科の学科長を務めた。さらに1990年から2006年までアゼルバイジャン作曲家同盟の議長を務めた。

1989年にアゼルバイジャン人民芸術家の称号を受けた。1990年に国家賞を、1995年に栄誉賞を、2005年に独立賞を受賞した。

作品にはオペラオペレッタオラトリオカンタータ、4つの交響曲、4つのピアノ協奏曲ヴァイオリン協奏曲チェロ協奏曲室内楽曲歌曲などがある。作風は民謡歌手だった父の影響を受け、伝統的なムガームを取り入れたものである。