ヴァイキング・グレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
船歴
起工
進水
竣工 2013年1月10日
その後
主要目
総トン数 57,565 トン
全長 218.0 m
31.8 m
吃水 6.8 m
主機 ディーゼル・エレクトリック
出力
航海速力 21.8ノット
最高速力
船客定員 2,800名
乗組員 200名
車両搭載数 乗用車100台
トラック・レーン長1275m

ヴァイキング・グレースViking Grace)は、ヴァイキング・ラインが運航しているフェリーLNGを燃料とするフェリーでは世界最大。

概要[編集]

本船はフィンランドSTXフィンランド トゥルク工場で建造され、2013年1月10日に竣工。 13日にトゥルクで命名式が行われ、トゥルク~ストックホルム往復のデビュークルーズを行った後、15日よりトゥルク~マリエハムン~ストックホルム航路に就航した。 搭載している4基のヴァルチーラ 8L50DF型ディーゼルはLNGと重油または軽油を使用できる二元燃料(Dual Fuel)エンジンで、LNGでの運航時はSOxNOxの排出を大幅に削減可能である。 就航時にはLNGを補給するためのインフラが間に合わず、しばらくはA重油を使用して運航していたが、3月24日より本船にLNGを補給するためのLNG補給船「シーガス(Seagas)」(626総トン、129重量トン、1974年竣工のフェリー改造)が運用開始し、以降はLNGを燃料として運航している。 LNG燃料のフェリーは比較的小型の沿岸航路用はすでに就航していたが、大型外航フェリーでは本船が初であり、また船から船へのLNG補給が実用化されるのも本船と「シーガス」が世界初であった。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 海人社『世界の艦船』2012年1月号 No.753
  • 海人社『世界の艦船』2012年7月号 No.762
  • 海人社『世界の艦船』2013年3月号 No.774
  • 海人社『世界の艦船』2013年7月号 No.780