ローレンス・ヴァン・デン・アッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローレンス・ヴァン・デン・アッカーLaurens van den Acker, 1965年9月5日-)はオランダ出身の自動車デザイナーである。

来歴[編集]

フォード・エスケープ
マツダ・流(NAGARE)コンセプト
ルノー・デジール

デルフト工科大学工業デザイン学部で工学博士号を取得。1990年にイタリアトリノのデザイン・システム社でデザイナーとしてのキャリアをスタートし、ブガッティ・EB110のインテリアを手がけた。1993年、彼はアウディに移籍してドイツインゴルシュタットデザインセンターのエクステリアデザイナーとなり、そこで現フォード・モーターのデザイン担当副社長のJ・メイズ (en:J Mays) と知り合う。以降は彼の後を追うように1996年にシニア・デザイナーとしてSHRパーセプチュアル・マネージメント社に、1998年にはフォード・モーターに入社した。彼は427、Model U、Synusといった一連のフォードのコンセプトカーのデザインを手がけ、やがてフォード・エスケープのチーフデザイナーとなった。

2006年5月、モーレイ・カラム(Moray Callum) の後任としてマツダのグローバルデザイン本部長に就任し、流 (NAGARE)流雅 (RYUGA)葉風 (HAKAZE)清 (KIYORA)といった一連のマツダのコンセプトカーを担当した。

彼は2009年4月にマツダを退社したが、2009年5月15日付でルノーに入社し、パトリック・ル・ケマン (en:Patrick le Quément) の後任としてコーポレートデザイン担当副社長に就任。その後、6つのライフシーンを具現化した「サイクル・オブ・ライフ」コンセプトを提唱し、コンセプトカーデジールクリオ(4代目、日本名:ルーテシア)、キャプチャー(コンセプトモデル、市販モデルとも)/ルノーサムスン・QM3のエクステリアデザインを担当している。


外部リンク[編集]