レナータ・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レナータと夫のヒェロニム・ラジヴィウ公爵、1909年

レナータ・フォン・エスターライヒRenata Erzherzogin von Österreich, 1888年9月28日 ポーラ - 1935年12月9日 バリツェ英語版)は、オーストリア皇帝家の分家テシェン公爵家の公女。貴賤結婚により皇族の身分を失った。全名はレナータ・マリア・カロリーネ・ライネーリア・テレジア・フィロメナ・デジデリア・マカーリアRenata Maria Caroline Raineria Theresia Philomena Desideria Macaria)。

二重帝国海軍提督を務めるカール・シュテファン大公と、その妻でハプスブルク=トスカーナ家出身のマリア・テレジア大公女の間の第2子、次女として、ポーラで生まれた。父の意向で姉妹と一緒に語学に特化した教育を受け、家庭教師によりドイツ語(母語)、イタリア語英語フランス語ポーランド語を教わった。父の任地であるイストリア半島で育つが、父が大伯父アルブレヒト大公の遺産を相続した関係で、一家は1907年にガリツィアザイブッシュに本拠を移した。

父はポーランド王朝を樹立する野心を抱いており、娘たちをポーランド人大貴族の子息と縁組させようとした。レナータは1908年9月、ラジヴィウ家の一員であるヒェロニム・ミコワイ・ラジヴィウポーランド語版公爵と婚約した[1]。ラジヴィウ家はポーランド最有力の貴族家門の1つだったが、君主家系でないためハプスブルク家とは身分が釣り合わず、貴賤結婚とされた。これにより、レナータは結婚に際して皇族の身分を放棄せざるを得なかった。2人の結婚式は1909年1月15日にザイブッシュ城内の礼拝堂で挙行された。

公爵夫妻は居城のバリツェ城ポーランド語版で暮らし、6人の子供に恵まれた。夫妻の長男ドミニク・レイネル・ラジヴィウフランス語版は、ギリシャ王女エイゲニアと結婚した。レナータは1935年に死去した。夫は10年後の1945年、第2次世界大戦直後に赤軍に逮捕され、ロシア軍の強制収容所で死去した。一家の所領は全て没収された。

脚注[編集]

  1. ^ ヒェロニムは作曲家マチェイ・ラジヴィウ英語版公爵の曾孫。

参考文献[編集]

  • McIntosh David, The Unknown Habsburgs, Rovall Royal Books, 2000.ISBN 91-973978-0-6
  • Snyder, Timothy, The Red Prince: The Secret Lives of A Habsburg Archduke . Basic Books, 2008.ISBN 978046500235