マリア・テレジア・フォン・エスターライヒ=トスカーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーストリア=トスカーナ大公女マリア・テレジア
カール・シュテファン大公一家

マリア・テレジア・フォン・エスターライヒ=トスカーナMaria Theresia von Österreich-Toskana, 1862年9月18日 - 1933年5月10日)は、オーストリア=ハンガリー帝国の帝室の一員。イタリアのトスカーナ大公国の旧統治者ハプスブルク=トスカーナ家の大公女。全名はマリア・テレジア・アントイネッテ・インマクラータ・ヨーゼファ・フェルディナンダ・レオポルディーネ・フランツィスカ・カロリーネ・イザベラ・ヤヌアリア・アロイジア・クリスティーネ・アンナ(Maria Theresia Antoinette Immakulata Josepha Ferdinanda Leopoldine Franziska Caroline Isabella Januaria Aloysia Christine Anna)。

カール・ザルヴァトール大公とその妻で両シチリア王フェルディナンド2世の娘であるマリーア・インマコラータの間の長女として生まれた。1886年2月28日、ウィーンにおいて同族ハプスブルク=テッシェン家の一員であるカール・シュテファン大公と結婚した。夫妻の間には6人の子女が生まれた。マリア・テレジアは1933年、ポーランドジヴィエツ城で死んだ。

子女[編集]