レシニフェラトキシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レシニフェラトキシン
識別情報
CAS登録番号 57444-62-9
PubChem 104826
ChemSpider 21106474
日化辞番号 J282.917G
MeSH resiniferatoxin
ChEMBL CHEMBL448382
特性
化学式 C37H40O9
モル質量 628.71 g/mol
密度 1.35 ± 0.1 g/cm3
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

レシニフェラトキシン(resiniferatoxin、RTX)は、天然に存在する超強力なカプサイシンアナログであり[1]痛覚に関与する一次求心性知覚性ニューロン英語版の亜種に存在するバニロイド受容体を活性化する[2][3]。RTXは知覚性ニューロンの細胞膜に存在するイオンチャンネル — TRPV1英語版 — に作用し、カチオン(主にカルシウム陽イオン)を透過させるように変化させる。これによって強力な炎症作用とそれに続く脱感作および鎮痛が引き起こされる[4][5]

モロッコで一般的に見られる高濃度のRTXを含むサボテン様植物であるハッカクキリン Euphorbia resinifera の乳液から新たな鎮痛剤をデザインするための研究がアメリカ国立衛生研究所 (NIH)[6][7]ペンシルベニア大学で行われている[8]

全合成[編集]

(+)-レシニフェラトキシンの全合成は1997年にスタンフォード大学のウェンダーらのグループによって達成された[9]。2007年現在で、これがダフナン類に分類される分子の唯一の全合成の報告例である[10]

毒性[編集]

RTXは毒性があり、化学性の火傷を起こす。動物実験では40 g未満の摂取で致死あるいは健康に対して重大な被害を起こすことが示されている[11]

脚注[編集]

  1. ^ Walpole CS, Bevan S, Bloomfield G, Breckenridge R, James IF, Ritchie T, Szallasi A, Winter J, Wrigglesworth R (1996). “Similarities and Differences in the Structure-Activity Relationships of Capsaicin and Resiniferatoxin Analogues”. J. Med. Chem. 39 (15): 2939–2952. doi:10.1021/jm960139d. PMID 8709128. 
  2. ^ Szallasi A, Blumberg PM (1989). “Resiniferatoxin, a phorbol-related diterpene, acts as an ultrapotent analog of capsaicin, the irritant constituent in red pepper”. Neuroscience 30 (2): 515–520. doi:10.1016/0306-4522(89)90269-8. PMID 2747924. 
  3. ^ Szallasi A, Blumberg PM (1990). “Resiniferatoxin and its analogs provide novel insights into the pharmacology of the vanilloid (capsaicin) receptor”. Life Sci. 47 (16): 1399–1408. doi:10.1016/0024-3205(90)90518-V. 
  4. ^ Szallasi A, Blumberg PM (1992). “Vanilloid receptor loss in rat sensory ganglia associated with long term desensitization to resiniferatoxin”. Neurosci Lett. 140 (1): 51–4. doi:10.1016/0304-3940(92)90679-2. PMID 1407700. 
  5. ^ Olah Z, Szabo T, Karai L, Hough C, Fields RD, Caudle RM, Blumberg PM, Iadarola MJ (2001). “Ligand-induced dynamic membrane changes and cell deletion conferred by vanilloid receptor 1”. J. Biol. Chem. 276 (14): 11021–30. doi:10.1074/jbc.M008392200. PMID 11124944. 
  6. ^ Neubert JK et al. (2003). “Peripherally induced resiniferatoxin analgesia”. Pain 104 (1–2): 219–28. doi:10.1016/S0304-3959(03)00009-5. PMID 12855332. 
  7. ^ Karai L et al. (2004). “Deletion of vanilloid receptor 1_expressing primary afferent neurons for pain control”. J. Clin. Invest. 113 (9): 1344–52. doi:10.1172/JCI20449. PMC 398431. PMID 15124026. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=398431. 
  8. ^ Brown DC et al. (2005). “Physiologic and antinociceptive effects of intrathecal resiniferatoxin in a canine bone cancer model”. Anesthesiology 103 (5): 1052–9. doi:10.1097/00000542-200511000-00020. PMID 16249680. 
  9. ^ Wender, P.A.; Jesudason, Cynthia D.; Nakahira, Hiroyuki; Tamura, Norikazu; Tebbe, Anne Louise; Ueno, Yoshihide (1997). “The First Synthesis of a Daphnane Diterpene: The Enantiocontrolled Total Synthesis of (+)-Resiniferatoxin”. J. Am. Chem. Soc. 119 (52): 12976–12977. doi:10.1021/ja972279y. 
  10. ^ Seiple, I. B. (2007年3月17日). “Daphnane, Tigliane, Ingenane and Lathyrane Diterpenes (PDF)”. Baran Group Meeting. 2012年1月4日閲覧。
  11. ^ Resiniferatoxin”. Material Safety Data Sheet. Santa Cruz Biotechnology (2009年10月25日). 2012年1月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]