ルー・アンドレアス・ザロメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルー・アンドレアス・ザロメ

ルー・アンドレアス・ザロメLou Andreas-Salomé1861年2月12日 - 1937年2月5日)は、サンクトペテルブルク生まれのドイツの著述家、エッセイスト。ロシア語名ルイーザ・グスタヴォヴナ・サロメЛуиза Густавовна Саломе)。

本名はルイーズ・フォン・ザロメ(Louise von Salomé)といい、"Henry Lou"の偽名を使うこともあった。

後年、ジークムント・フロイトに師事して、精神分析家としても活躍した。ユダヤ系ロシアの将軍の娘で、元々はフランス系ハンガリーの一族である(ペータース『ルー・ザロメ 愛と生涯』)。

イタリアの指揮者・作曲家ジュゼッペ・シノーポリが彼女を題材としたオペラ『ルー・ザロメ』を作曲している(1981年初演)。

生涯[編集]

1880年、彼女は、チューリッヒ大学で宗教学、哲学、そして芸術史の勉強を始めた。1882年彼女は、パウル・レーと出会い、彼を介してフリードリッヒ・ニーチェと知り合う。ニーチェから求婚の申し出があるが、彼女はそれを拒絶した。のち彼女は同様にライナー・マリア・リルケからの求婚もやはり断っている。結局、彼女は1887年イラン学者のフリードリッヒ・カール・アンドレアスと結婚している。

彼女はベルリンでは、フリードリッヒスハーゲン・グループに近づき、当時の著名人たちの知遇を得る。たとえば、ゲアハルト・ハウプトマンフランク・ヴェーデキントヨハン・アウグスト・ストリンドベリアルトゥル・シュニッツラーヤコブ・ヴァッサーマン、などである。こうした特別の交友関係を通して、彼女はライナー・マリア・リルケと知り合い、彼とは2度ロシア旅行を共にしている。

1911年、彼女はワイマールで開催された国際精神分析会議に参加した後、フロイトの下で精神分析の知識を深めようとする。その後、彼女の夫がゲッティンゲン大学に招聘を受けたため、そのゲッティンゲンで彼女も精神分析の分析家として開業をする。彼女はゲッティンゲン尿毒症により亡くなった。

彼女の広範囲にわたる学問的、文学的名著作は、20世紀後半に入って初めてその全体が収集、編集、校閲されて出版の運びにいたった。その文学作品や物語の中で、彼女は、伝統的な世界の中で自分自身の道を歩み始めようとした近代的な女性たちのさまざまな問題を取り上げている。

著作[編集]

原文[編集]

  • Im Kampf um Gott (神との戦い、1885)
  • Henrik Ibsens Frauengestalten (ヘンリク・イプセンの女性像、1892)
  • Friedrich Nietzsche in seinen Werken (1894) Neu herausgegeben mit Anmerkungen von Thomas Pfeiffer, Ffm und Leipzig, Insel (その作品に見るフリードリッヒ・ニーチェ、2000)
  • Ruth (ルース、1895)
  • Aus fremder Seele (1896)
  • Fenitschka. Eine Ausschweifung (1898)
  • Menschenkinder (1899)
  • Im Zwischenland (間の地で、1902)
  • Ma (お母さん、1904)
  • Die Erotik (エロティーク、1910)
  • Rainer Maria Rilke (ライナー・マリア・リルケ、1928)
  • Mein Dank an Freud (友への感謝、1931)
  • In der Schule bei Freud – Tagebuch eines Jahres – 1912/1913 (フロイトの学派の中で、1958)
  • Lebensrückblick – Grundriß einiger Lebenserinnerungen (1994)
  • Sigmund Freud – Lou Andreas-Salomé: Briefwechsel (1966)
  • Rainer Maria Rilke – Lou Andreas Salomé: Briefwechsel (ライナー・マリア・リルケールー・アンドレアス・ザロメ往復書簡、1952)
  • "Als käm ich heim zu Vater und Schwester" Lou Andreas-Salomé – Anna Freud: Briefwechsel (2001) Wallstein Verlag, Göttingen ISBN 3-89244-213-4
  • Le diable et sa grand-mère (1922), traduction, annotation et postface de Pascale Hummel (2005)
  • L'heure sans Dieu et autres histoires pour enfants (1922), traduction, annotation et postface de Pascale Hummel (2006)

邦訳[編集]

以文社から部分的ではあるが、「ルー・ザロメ著作集」として著作集が出ている。

  • 「神をめぐる闘い」(第一巻)小林真訳 1974 
  • 「女であること」(第二巻)小林栄三郎訳 1974 
  • 「ニーチェ:人と作品」(第三巻)原佑訳 1974 
  • 「ライナー・マリア・リルケ(ほか)」(第四巻)塚越敏,伊藤行雄訳 1973 
  • 「フロイトへの感謝」(第五巻)塚越敏,小林真訳 1974
  • マキー著 後藤信幸訳「ルー・ザロメ : ニーチェ、リルケ、フロイトをめぐって」 (別巻) 1974

参考文献[編集]

  • Michaela Wiesner-Bangard/Ursula Welsch: Lou Andreas-Salomé, Wie ich dich liebe, Rätselleben ... (2002)
  • Cordula Koepcke: Lou Andreas-Salomé, Leben – Persönlichkeit – Werk. Eine Biographie (1986)
  • Werner Ross: Lou Andreas-Salomé – Weggefährtin von Nietzsche, Rilke, Freud (1997)
  • Irmgard Hülsemann: Lou. Das Leben der Lou Andreas-Salomé. (1998)
  • Stéphane Michaud: Lou Andreas-Salomé. L'alliée de la vie. Seuil, Paris 2000. ISBN 2-02-023087-9
  • Cornelia Pechota Vuilleumier: 'O Vater, laß uns ziehn!' Literarische Vater-Töchter um 1900. Gabriele Reuter, Hedwig Dohm, Lou Andreas-Salomé. Olms, Hildesheim 2005. ISBN 3-487-12873-X
  • Cornelia Pechota Vuilleumier: Heim und Unheimlichkeit bei Rainer Maria Rilke und Lou Andreas-Salomé. Literarische Wechselwirkungen. Olms, Hildesheim 2010. ISBN 978-3-487-14252-4
  • H.F.ペータース『ルー・サロメ 愛と生涯』土岐恒二訳 筑摩書房、1964 ちくま文庫 1990
  • E.プファイファー編『ニーチェ、レー、ルー 彼等の出会いのドキュメント』眞田収一郎訳 未知谷 1999
  • ヴェルナー・ロス『ルー・アンドレアス・ザロメ ニーチェ、リルケ、フロイトの道連れ』立花光訳、リーベル出版 2002

関連書籍[編集]

  • リルケ『フィレンツェだより ルー・サロメへの書簡』森有正訳 筑摩書房 1970
  • 白井健三郎『ルー・ザロメ ニーチェ・リルケ・フロイトを生きた女』風信社 1985

映画[編集]

外部リンク[編集]