フリードリッヒ・カール・アンドレアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリードリッヒ・カール・アンドレアスと妻ルー・アンドレアス・ザロメ

フリードリッヒ・カール・アンドレアス(Friedrich Carl Andreas、1846年 - 1931年)は、ドイツ人のイラン学者。彼は1887年、著述家で精神分析家のルー・ザロメと結婚した。

1903年、フリードリッヒ・カール・アンドレアスは、ゲッティンゲン大学の教授としての招聘を受ける。彼はそこで西アジア語の教授のポストの提供を受けた。彼は古代イラン学の諸テーマと各分野で多大な業績を挙げている。特に、アヴェスターの伝承に関係した業績が評価されている。

外部リンク[編集]