ルーベン・オリバレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーベン・オリバレス
Ruben Olivares.jpg
基本情報
本名 ルーベン・オリバレス
通称 El Púas
ミスター・ノックアウト
階級 バンタム級
フェザー級
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1947年1月14日(67歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコ
メキシコシティ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 104
勝ち 88
KO勝ち 77
敗け 13
引き分け 3
テンプレートを表示

ルーベン・オリバレスRuben Olivares1947年1月14日 - )は、メキシコの元プロボクサーメキシコシティ出身。元WBAWBC世界バンタム級、WBA世界フェザー級、WBC世界フェザー級の2階級制覇王者である。その高いKO率から「ミスター・ノックアウト」の異名を持つ。身長170cm。

来歴[編集]

1965年1月4日、プロデビュー戦を1RKOで飾る。デビューから26戦連続でKOを重ねる。

1967年10月14日には、ファイティング原田の実弟である牛若丸原田1969年5月23日には1964年東京オリンピック金メダリストの桜井孝雄をもKOで退ける。

52戦51勝49KO1分の戦績を引っ提げ、1969年8月22日、ライオネル・ローズが持つWBAWBC世界バンタム級王座に挑戦。5回KO勝利で王座を奪取する。

その後も次々とKOの山を築き、防衛にも2回成功。

1970年10月16日、チューチョ・カスティーヨに14RTKOでプロ初の敗北を喫し王座陥落。

1971年4月2日、カスティーヨと再戦。判定の末、WBA・WBC王座を奪回する。その後もKOを重ね、再びKO街道を驀進したかに思えた。

1971年10月25日、愛知県体育館での金沢和良アベジム)との防衛戦は、日本ボクシング史上に残る「世紀の死闘」を繰り広げた。1969年1月26日に1度対戦し2Rで退けた相手だったが、13Rには右アッパーを受けてグロッギーに陥るなど大乱戦となり、14Rまでもつれ込む。最終的にはKO勝利を収めたが、この試合がオリバレスにとっての大きなターニングポイントとなる。この試合は金平正紀がプロモートした中で最高のファイトだったという。同年の日本プロボクシングで年間最高試合にも選ばれた。

1972年3月19日、ラファエル・エレラに敗れ再び王座陥落。

その後、フェザー級に転級。早いラウンドでのKO決着が少なくなる。

1974年7月9日、WBA世界フェザー級王座決定戦で歌川善介を7RKOで退け。2階級制覇を達成する。

11月23日、アレクシス・アルゲリョに13RKO負けを喫し、王座陥落。

1975年6月20日、ボビー・チャコンを2RTKOで退け、WBC世界フェザー級王座を奪取する。

しかし、9月20日、デビッド・コティに判定負けを喫し、初防衛失敗。

1978年7月21日、エウセビオ・ペドロサの持つWBA世界フェザー級王座に再挑戦。しかしKOで敗退。

1988年3月12日、イグナシオ・マドリッドに4RTKO負けを喫し、23年間のボクサー生活にピリオドを打った。

通算戦績[編集]

104戦88勝78KO13敗3分

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ライオネル・ローズ
第4代WBC世界バンタム級王者

1969年8月22日 - 1970年10月16日

次王者
チューチョ・カスティーヨ
前王者
チューチョ・カスティーヨ
第6代WBC世界バンタム級王者

1971年4月2日 - 1972年3月19日

次王者
ラファエル・エレア
前王者
ボビー・チャコン
第12代WBC世界フェザー級王者

1975年6月20日 - 1975年9月20日

次王者
デビッド・コティ
前王者
ライオネル・ローズ
第7代WBA世界バンタム級王者

1969年8月22日 - 1970年10月16日

次王者
チューチョ・カスティーヨ
前王者
チューチョ・カスティーヨ
第9代WBA世界バンタム級王者

1971年4月2日 - 1972年3月19日

次王者
ラファエル・エレア
空位
前タイトル保持者
エルネスト・マルセル
第21代WBA世界フェザー級王者

1974年7月9日 - 1974年11月23日

次王者
アレクシス・アルゲリョ