ライオネル・ローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライオネル・ローズ
基本情報
本名 ライオネル・ローズ
階級 バンタム級
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
誕生日 1948年6月21日
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア
死没日 2011年5月8日(満62歳没)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 53
勝ち 42
KO勝ち 12
敗け 11
テンプレートを表示

ライオネル・ローズLionel Rose1948年6月21日 - 2011年5月8日)は、オーストラリア出身の元プロボクサーアボリジニの血を引く。WBAWBC世界バンタム級王者。オーソドックスなアウトボクサーであった。

来歴[編集]

1968年2月27日、ヘスス・ピメンテル(メキシコ)の代役として、WBAWBC世界バンタム級王者ファイティング原田に挑戦、判定でタイトルを奪取。同年の初防衛戦では元オリンピック金メダリスト桜井孝雄にダウンを奪われながらも僅差で勝利、その後もチューチョ・カスティーヨアラン・ラドキンと、計3度の王座防衛に成功。

1969年8月22日、4度目の防衛戦でルーベン・オリバレス(メキシコ)の強打に5回KO負け、王座から陥落した。

1971年5月30日、沼田義明の持つWBC世界ジュニアライト級王座に挑んだが、15回判定負けを喫した。

2007年に脳卒中で倒れてからは療養生活を送っていたが、2011年5月8日に死去[1]。62歳没。

通算戦績[編集]

53戦42勝(12KO)11敗

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ Australian boxing great Lionel Rose dies aged 62 デイリー・テレグラフ 2011年5月8日閲覧

外部リンク[編集]

前王者
ファイティング原田
第6代WBA世界バンタム級王者

1968年2月27日 - 1969年8月22日

次王者
ルーベン・オリバレス
前王者
ファイティング原田
第3代WBC世界バンタム級王者

1968年2月27日 - 1969年8月22日

次王者
ルーベン・オリバレス