ルートヴィヒ・フィリップ・フォン・トゥルン・ウント・タクシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルートヴィヒ・フィリップと妻のエリザベート

ルートヴィヒ・フィリップ・フォン・トゥルン・ウント・タクシスLudwig Philipp Prinz von Thurn und Taxis)またはルイ・フィリップ・フォン・トゥルン・ウント・タクシスLouis-Philippe Prinz von Thurn und Taxis[1], 1901年2月2日 レーゲンスブルク - 1933年4月22日 ニーダーアイヒバッハ)は、ドイツの旧諸侯トゥルン・ウント・タクシス家ドイツ語版の侯子。全名はルートヴィヒ・フィリップ・マリア・フリードリヒ・ヨーゼフ・マクシミリアン・アントニウス・イグナティウス・ラモラルLudwig Philipp Maria Friedrich Joseph Maximilian Antonius Ignatius Lamoral Prinz von Thurn und Taxis)。

トゥルン・ウント・タクシス侯アルベルトとその妻でオーストリア大公ヨーゼフ・カールの娘であるマルガレーテ・クレメンティーネの間の第4子、四男として生まれた[2][3]ヴュルツブルク大学で法学を学んでいる。1922年11月14日にホーエンブルクドイツバイエルン州オーバープファルツ行政管区アンベルク=ズルツバッハ郡)において、ルクセンブルク大公ギヨーム4世の娘エリザベートと結婚し、間に1男1女の2人の子女をもうけた。

1925年、ニーダーアイヒバッハ城(バイエルン州ニーダーバイエルン行政管区ランツフート郡ニーダーアイヒバッハ)を購入して居城とした。1933年にこの城において32歳の若さで死去した。息子が第2次世界大戦に従軍中に死去したため、城は娘を通じてウラッハ公爵家に相続された。

子女[編集]

  • アンゼルム・アルベルト・ルートヴィヒ・マリア・ラモラル(1924年 - 1944年)
  • イニガ・アンナ・マルガレーテ・ヴィルヘルミーネ・ルイーザ(1925年 - 2008年) - 1948年、ウラッハ侯エーバーハルトと結婚

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Dallmeier/Schad: Das fürstliche Haus Thurn und Taxis. Pustet Regensburg 1996
  2. ^ Darryl Lundy (2005年6月23日). “Ludwig Philipp Prinz von Thurn und Taxis”. thePeerage.com. 2009年7月15日閲覧。
  3. ^ Paul Theroff. “THURN und TAXIS”. Paul Theroff's Royal Genealogy Site. 2009年7月15日閲覧。