ギヨーム4世 (ルクセンブルク大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギヨーム4世
Guillaume IV
ルクセンブルク大公
Guillaume IV of Luxembourg.png
ギヨーム4世
在位 1905年11月17日 - 1912年2月25日
全名 Guillaume Alexandre
ギヨーム・アレクサンドル
Wilhelm Alexander
ヴィルヘルム・アレクサンダー
出生 1852年4月22日
Flagge Herzogtum Nassau (1806-1866).svg ナッサウ公国ヴィースバーデンビーブリヒ城
死去 1912年2月25日(満59歳没)
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルクコルマー=ベルグベルグ城
埋葬 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルクルクセンブルクノートルダム大聖堂
配偶者 マリー=アンヌ・ド・ポルテュガル
子女 マリー=アデライド
シャルロット
イルダ
アントニア
エリザベート
ソフィー
王家 ナッソー=ヴェイユブール家
父親 アドルフ
母親 アデライード=マリー・ダナル=デソー
宗教 キリスト教プロテスタント
テンプレートを表示

ギヨーム4世フランス語: Guillaume IV, 1852年4月22日 - 1912年2月25日)は、ルクセンブルク大公(在位:1905年 - 1912年)。オランダ王を兼ねていたヴィレム(ウィレム)1世同2世同3世にならってオランダ語名でヴィレムウィレム4世(Willem IV)と呼ばれることもある。ドイツ語名はヴィルヘルム(Wilhelm)。

生涯[編集]

ナッサウ公アドルフと妃アーデルハイト・マリー・フォン・アンハルト=デッサウの長男として生まれる。公位継承者とされていたが、1866年ナッサウ公国プロイセン王国に併合されたため、父とともに廃された。のち、1890年に父が新たにルクセンブルク大公に迎えられたことでその継承者となり、1905年に父の死去により大公位に就いた。

1893年ポルトガルの廃王ミゲル1世の娘マリア・アナ(マリー・アンヌ)と結婚し、6人の娘が生まれたが、男子は得られなかった。そこで、それまで女子の継承を認めていなかった継承法が改正され、1907年に長女マリー=アデライドが継承者とされた。1912年に死去。マリー=アデライドが即位した。

子女[編集]

妻マリー=アンヌとの間に6人の娘をもうけた。