アルベルト・フォン・トゥルン・ウント・タクシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥルン・ウント・タクシス侯アルベルトと妻マルガレーテ・クレメンティーネ大公女、1890年

アルベルト・マリア・ヨーゼフ・マクシミリアン・ラモラル・フォン・トゥルン・ウント・タクシスドイツ語Albert Maria Joseph Maximilian Lamoral Fürst von Thurn und Taxis, 1867年8月5日 レーゲンスブルク - 1952年1月22日 レーゲンスブルク)は、最後のトゥルン・ウント・タクシス侯(1885年 - 1918年)。

トゥルン・ウント・タクシス侯世子マクシミリアン・アントンとその妻でバイエルン公マックス・ヨーゼフの娘であるヘレーネの間の次男。1885年に兄マクシミリアン・マリアが若くして亡くなると、侯爵家を継いだ。1889年に金羊毛騎士団の騎士に叙任された。

1890年7月15日、ハンガリーのブダペストにおいて、オーストリア大公ヨーゼフ・カールの娘マルガレーテ・クレメンティーネと結婚し、8人の子女をもうけた。

子女[編集]

先代:
マクシミリアン・マリア
トゥルン・ウント・タクシス侯
1885年 - 1918年
次代:
-
先代:
マクシミリアン・マリア
トゥルン・ウント・タクシス家家長
1885年 - 1952年
次代:
フランツ・ヨーゼフ