リヤード・アッ=スルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リヤード・アッ=スルフ
رياض الصلح
Riad as-Solh

ベイルートの繁華街に立つスルフの銅像


任期
1943年9月25日 – 1945年1月10日
前任者 ペトロ・トゥラード(仏領レバノン)
後任者 アブドゥルハミード・カラーミー
任期
1946年12月14日 – 1951年2月14日
前任者 サアディー・アル=ムンラー
後任者 フセイン・アル=オウェイニー

出生 1894年
死亡 1951年7月17日

リヤード・アッ=スルフアラビア語: رياض الصلحriyāḍ al-ṣulḥラテン語: Riad as-Solh1894年 - 1951年7月17日)は、レバノン共和国政治家首相を2期務めた。スンナ派ムスリムの政治リーダーである。

レバノン南部サイダー(シドン)に生まれる。ソルボンヌ大学で、法律と政治学を学んだ[1]

第1次スルフ内閣は独立直後の1943年から約1年半続き、第2次スルフ内閣は、マロン派大統領であるビシャーラ・アル=フーリーと協力する上での宗派間のバランスを図った内閣であった。フーリーは、ムスリムの意見の集約する手腕を持っていたスルフを評価しており、ムスリムもまた、スルフが存在している限り、自らの利益が政策に反映されることもあって、大きな信頼を寄せていた。

しかし、スルフは、1951年7月ヨルダン訪問中にシリア社会民族党の党員によって、暗殺されてしまった。彼の暗殺によって、民族間のバランスの上に立っていたフーリー政権は、ムスリムの支持を徐々に失っていき、ドゥルーズ出身のカマール・ジュンブラートの台頭を許すこととなった。

スルフは、レバノン独立闘争の中で最も重要な人物であるのと同時に、様々な宗派が存在するレバノンにおいて、独立のために宗派間の協力を可能にする個性を持った人物として評価されるべきである。

娘のムナー(モナ)は、サウジアラビアアル=ワリード・ビン・タラール王子の母であり[2]、末娘のライラは、アル=ワリード・ビン・タラール人道財団の副事務局長で、元レバノン産業大臣である[3]

脚注[編集]