リタ・ジェプトゥー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リタ・ジェプトゥー Portal:陸上競技
Rita jeptoo 2013 boston.jpg
選手情報
ラテン文字 Rita Jeptoo
国籍 ケニア
種目 マラソン長距離走
生年月日 1981年2月15日(33歳)
自己ベスト
5000m 15:56.90 ペルジーネ・ヴァルスガーナ 2002年
10000m 33:23.04 ナイロビ 2005年
10km 31:12 デブレツェン 2006年
20km 1:03:47 デブレツェン 2006年
ハーフマラソン 1:06:27 ラアス・アル=ハイマ 2013年
30km 1:40:52 シカゴ 2013年
マラソン 2:19:57 シカゴ 2013年
編集 テンプレートのヘルプを表示する

リタ・ジェプトゥー (Rita Jeptoo、1981年2月15日 - )はケニアマラソンランナー。ボストンマラソンでは2014年に記録した2時間18分57秒のコースレコードを含め3回優勝し、またシカゴ、ストックホルム、ミラノの各マラソン大会で優勝した。

経歴[編集]

ジェプトゥーは初マラソンとなる2004年のストックホルムマラソンで優勝し[1]、その後のミラノマラソンでも連続優勝した[2]。2005年のトリノマラソンでは3位、2005年世界陸上マラソンでは2時間24分22秒の自己ベストで7位だった[3]

2006年、彼女は2時間23分38秒でボストンマラソンを優勝し、パリハーフマラソンでも優勝した[4]。 2006年世界ロードランニング選手権ハーフマラソン)では3位[5] 、同年のニューヨークシティマラソンでは4位だった。

2007年に連覇を目指したボストンマラソンでは4位で、「私は寒さで調子が悪かった。リズムに乗る事ができなかった。」と語った[6]。同年のリスボンハーフマラソンで優勝し、その後の2007年世界陸上マラソンでは個人7位で団体では優勝した。彼女は、オブドゥクロスカントリーレースでコースレコードで優勝、5万ドルの賞金を獲得して2007年を終えた[7]

2008年には彼女はポルトガルハーフマラソンを勝った。2008年のシーズンはボストンで3位、ニューヨークで4位だった[8]。2008年末から2011年まで彼女は出産のため競技を休んだ[9]

復帰レースとなった2011年ロッテルダムマラソンでは2時間28分09秒で5位だった[10]。フランクフルトマラソンでは5位ながら、2時間25分44秒を出した[11]

2012年のボストンマラソンでは6位[12]、ビーチトゥビーコン10kmとファルマロードレースでは4位だった。しかし2012年シカゴマラソンで、アツェデ・バイッサとの接戦の末2着となったものの、2時間22分04秒の自己ベストを出した[13]

2013年、RAKハーフマラソンでは66分27秒で3位だったが[14]、続くボストンマラソンを2時間26分25秒で[15]、シカゴマラソンを2時間19分57秒の自己ベストで連勝した[16]

2014年ボストンマラソンでは2時間18分57秒の大会新記録で優勝、これはボストンマラソンにおいて3度目の優勝となった[17]

私生活[編集]

彼女は中距離ランナーのNoah Busieneiと結婚している[18]

主な成績[編集]

大会 会場 結果 種目 補足
ケニアの旗 ケニア代表
2004 ストックホルムマラソン スウェーデン ストックホルム 1位 マラソン 2:35:14
ミラノマラソン イタリア ミラノ 1位 マラソン 2:28:11
2005 世界陸上競技選手権大会 フィンランド ヘルシンキ 7位 マラソン 2:24:22
2006 パリハーフマラソン フランス パリ 1位 ハーフマラソン 1:09:56
ボストンマラソン アメリカ合衆国 ボストン 1位 マラソン 2:23:38
2007 リスボンハーフマラソン ポルトガル リスボン 1位 ハーフマラソン 1:07:05
2013 ボストンマラソン アメリカ合衆国 ボストン 1位 マラソン 2:26:25
シカゴマラソン アメリカ合衆国 シカゴ 1位 マラソン 2:19:57
2014 ボストンマラソン アメリカ合衆国 1位 マラソン 2:18:57 (CR)

脚注[編集]

  1. ^ Stockholm Marathon History 2004-2006 accessed August 10 2007
  2. ^ Milan City Marathon 2004 accessed August 10 2007
  3. ^ Turin Marathon History accessed August 10 2007
  4. ^ Paris Half Marathon - List of Winners
  5. ^ Athlete profile for Rita Jeptoo Sitienei
  6. ^ Runner's World article by Toby Tanser - Russian Woman wins Boston accessed August 10 2007
  7. ^ Hughes, Danny (2007-11-24). Jeptoo, Awash cruise to Obudu Mountain victories. IAAF. Retrieved on 2009-12-05.
  8. ^ Jeptoo Sitienei Rita. Marathon Info. Retrieved on 2011-04-16.
  9. ^ Mutuota, Mutwiri (2011-02-05). Mwangi and Lisoreng take Police XC titles. IAAF. Retrieved on 2011-04-16.
  10. ^ van Hemert, Wim (2011-04-10). Chebet impresses with 2:05:27 victory in Rotterdam. IAAF. Retrieved on 2011-04-16.
  11. ^ Butcher, Pat (2012-10-30). Kipsang tantalises with 2:03:42 World record assault in Frankfurt. IAAF. Retrieved on 2012-02-19.
  12. ^ Morse, Parker (2012-04-16). Korir and Cherop the best as warm weather slows Boston. IAAF. Retrieved on 2012-04-26.
  13. ^ Gugala, Jon (2012-10-07). Course record for Kebede, Baysa dethrones Shobukhova - Chicago Marathon report. IAAF. Retrieved on 2013-02-02.
  14. ^ Kabuu and Kipsang triumph in high-quality races at Ras al-Khaimah Half. IAAF (2013-02-15). Retrieved on 2013-03-02.
  15. ^ Desisa and Jeptoo will defend their Boston Marathon titles | iaaf.org
  16. ^ Gugala, Jon (2012-10-07). Course record for Kebede, Baysa dethrones Shobukhova - Chicago Marathon report. IAAF. Retrieved on 2013-02-02.
  17. ^ “男子はケフレジギ、女子はジェプトゥーが優勝 ボストン・マラソン”. AFP. (2014年4月22日). オリジナル2014年4月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/save/http://www.afpbb.com/articles/-/3013199 2014年4月23日閲覧。 
  18. ^ Boston Marathon Runner Profile - Rita Jeptoo accessed August 10 2007

外部リンク[編集]